仲値前後のトレードの活かし方とトレンド中の下落(上昇)時の対応

為替のFXは、土日を除いてほぼ24時間取引することができます。
それは、世界にある各国の取引所が途切れることなく次々に開いているためです。

そのため、開いている取引所によって、値動きにも影響があります。
日本時間の夜中にドル円が大きく動いたり、夕方にユーロやポンドが動くことがあると思いますが、それは、開いている市場にも影響があるためです。

世界の時間を意識する

世界のそれぞれの市場は、次の時間帯で開いています。
これらの、節目の時間帯や開いている時間帯によって、値動きにも影響がありますので意識して取引する必要があります。

  • ウェリントン 6時〜15時(ニュージランドセッション)
  • シドニー 7時〜16時(オーストラリアセッション)
  • 東京 8時〜17時(東京セッション)
  • 香港 9時〜18時(中国セッション)
  • シンガポール 9時〜18時(東南アジアセッション)
  • フランクフルト 17時〜2時(ドイツセッション)
  • ロンドン 18時〜3時(イギリスセッション)
  • ニューヨーク 22時〜7時(アメリカセッション)

それぞれの節目

  • 1時 ロンドン・フィキシング(※)
    ※フィキシングとは、「値決め」を意味する言葉で、ロンドンフィキシングとは、金のスポット価格を決定することを言います。
    また、「東京市場」では、10時前後がマーケットの動意づく時間帯だと言われています。
    それは、10時前後に各銀行が対顧客向けの基準レートである仲値を公示する時刻であるからです。
  • 6時〜7時 「オセアニア」タイムスタート
  • 8時〜9時 「アジア」タイムスタート
  • 10時 日本の仲値公示
  • 15時 東京オプションカット、東証大引け
  • 17時〜18時 「欧州」タイムスタート
  • 22時〜23時 「米国」タイムスタート

 

仲値とは?

仲値(なかね)とは、銀行などの金融機関が顧客との外国通貨(外貨)取引の際の基準レートのことです。
刻一刻と動く為替レートを、取引のたびに銀行に問い合わせていては大変なので、どこかのタイミングでその日の取引レートを決めてしまおうということで仲値の制度ができました。

この仲値の決まる時間が、日本時間の9時55分で、結局10時前後に各行で発表されています。

外国為替市場(インターバンク市場)の取引レートを基準にして金融機関ごとに決定されますが、三菱東京UFJ銀行のレートが主な基準となっているようです。
仲値で決定された取引レートは、その後、よほど大きな為替変動がない限り、その日一日の間適用されます。
もし、仲値から1円以上の変動があった場合には、仲値は、「公表停止」となり、改めて仲値を決定することになります。

仲値前後で起きていること

日本の輸入企業では、取引先への支払いをドル建てで決済します。
決済日(5や10のつく日。いわゆるゴトー日)に円をドルに両替することが多いです。

そのため、ゴトー日になると、金融機関の保有するドルが不足することがあります。(仲値不足)
金融機関は、仲値不足の解消のために、外国為替市場を通じてドルを購入します。

これにより、実需のドル買いが起こり、ドル円の上昇圧力となるのです。

参考

TTSとTTBの中間値が仲値になります。
TTSとは、銀行から外貨を購入する時のレートで、TTBは、銀行に外貨を売る時のレートです。

仲値に手数料を足したレートがTTS(Telegraphic Transfer Selling Rate)で、金融期間が顧客に外貨を売る際のレート
TTB(Telegraphic Transfer Buying Rate)で、金融機関が顧客から外貨を買う際のレート

TTSとTTBの差をスプレッドという。

 

トレードに仲値前後を活かせるか

日本時間は、欧州の金融機関やヘッジファンドはあまり売買していませんが、そんな日本時間でも、その日の仲値が決まる10時前は、日本の銀行などが大きな資金を投入して、売買が活発になることがあります。

例えば、9時55分の仲値のレートを上げるために、その直前にドルを買う銀行があります。
9時55分の段階で、レートが上昇(円安)した場合、仲値に比べて低いレートでドルを買うことができているため、そのドルを仲値のレートで顧客に売れば、利益がでるからです。

一方、円買いをする銀行もあり、レートを上げたい大口とレートを下げたい大口がいる以上、大口同士の戦争となり、10時前後は為替変動が激しくなる時があります。

最もこれらを含めてどういう結果になるかはわからないため、これをもって取引することは不可能であり、事実上、時間ごとに値動きが荒くなる可能性もあると記憶しておく程度に過ぎません。

 

もし上昇トレンド中に落ちたらどうするか?

もし、上昇トレンドが明確な時、為替レートが強い調整をすることが往々にしてあります。

このような時は、押し目買いのチャンスであり、ロスカットまでの距離を短くすることができますので、エントリーの絶好の機会になります。

ただ一つの注意点は、その下落が転換開始であるかどうかを見極める必要があることです。

もし、下落開始であれば、買うべきではありません。

下落ではなく、調整であれば、絶好の買い場になります。

結論をいうと、下落開始か調整可は、100%は当てることができません。
しかし、ヒントはあります。

 

転換なのか調整なのか

原則として、トレンドに沿うことがトレードの要諦である以上、そのトレンドをフォローしていくのが絶対です。

つまり、上昇中に下落した場合は、押し目買いを基本として考えるのが正しいです。
なぜなら、トレンドに逆らって下落への転換だと決めつけると、その他王道のトレーダーたちの絶対的安値買いによって、すぐに踏み上げられると考えられます。
また、上昇トレンド中の下落は、トレンドが続行する限り、距離が伸びないため、あまり利益もとれません

したがって、上昇中にショートするのであれば、SELLするのは、位置が高ければ高いほどよいということになるし、その分ロスカットまでの距離が短くリスクも減らせます。

最悪なのは、調整波に対して遅れてショートをかけることです。
ロスカット距離は遠く、調整が進んでいるほど、押し目買いにおされる展開や、それ以前に高値ショートしたトレーダーの買い戻しにあいます。
「ショートスクイーズ」といって、遅れてきたショートの損切りも発生するからです。

これらの、内容を整理すると、

  • 上昇トレンド中の下落時は、押し目買いを狙うことを大原則とする(順張り)
  • 上昇トレンド中にショートする場合は、仮設ショートとなるも、なるべく高値で売る(逆張り)
  • 次に、上昇トレンド中に下落してきた為替レートのどこで押し目買いをするのかの見極めについては、チャートパターン、サポート領域(為替滞留と支持線)、トレンドライン、ムービングアベレージ、フィボナッチ・リトレースメント、PIVOT、それから現時点の値動き(プライスアクション)を見て決める
  • ロスカットラインは、チャート上の重要な直前安値です
  • ロスカットラインに至るまでにさらに下げることも想定し、その場合ナンピンの準備をする
    ナンピンは、原則一度までにして、場合によっては、ナンピンしない。
    ナンピンするかどうかは、ロスカットに近づく時の下落の値動き次第である
  • 大陰線や順調過ぎる陰線(実体が連なる陰線)の下落の時は、ナンピンに懐疑的であるべき

 

今のシナリオの次も考えておくこと

トレードの経験を積み重ねていくと、トレードシナリオというもの、エントリー条件というもの、これらについて精度が確実に上がっていきますが、問題は、次の展開です。
シナリオがエグジットしたということは、必ず損切りされているか、利食いされているのです。

エグジットされたときに、次にどうするのか、ということを決めておく必要があります。

特に重要なのは、ロスカットされた後です。
利食いされた後は、想定どおりいったということでありますから、利食いされた後は、時間をおいて相場の次の展開を待ってから決めるのが有益になります。

もっとも、その待つこと自体も次のシナリオであり、例えば、上昇してロングの利食い後に、再び調整で下落したら、再度買うことを想定し、そのまま突き抜けた場合は、どういう条件で再エントリーするのか、あるいは、転換まで待ってショートするのかなどを決めていきます。

ロスカットされたということは、想定とは、逆に行ってしまったということであり、その時に、反対方向に順張りするのか、しないのか、について、常に事前に考えておくことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。