負担を考慮し苦痛を感じない距離とロットサイズと成功した人がやってきたこと

人によってライフスタイルが異なるため、時間軸が変わることを紹介しました。
また、資金量の差や本人の性格などもあり、トレードスタイルは、百人百様です。

そのため、それぞれが過度の負担にならないようなトレードをしなければ長く続けることはできないでしょう。

今回は、成功者がやってきたことを参考に負担を踏まえて、どうすれば苦痛を感じることなくトレードできるかを紹介します。

レバレッジの使い方のまとめ

レバレッジを限界までパンパンに使ってしまうと、身動きが取れなくなったり、瞬く間に強制ロスカットになりうるため、資金は常に余裕を持って解放し、ここぞという時に大ロットで利益を伸ばせるようになることが重要です。

  • 距離短い ロット小さい ⇒ リスク管理しやすい
  • 距離短い ロット大きい ⇒ ハイリスク
  • 距離長い ロット大きい ⇒ 強制ロスカットになりやすい
  • 距離長い ロット小さい ⇒ 安全性は高いが利回りは低い

基本的に初心者の頃は、1番目(距離短い、ロット小さい)を原則としてトレードを行いましょう。

私は、距離長く、ロット大きいで何度か失敗しました。元の資金が少ないため、まとまったお金を作るためには、ある程度ロットを上げてリスクをとる必要はあると思います。
しかし、いつまでもリスクを取ることはできないので、目標金額まで到達したら、ロットを適正ロットに下げて安全性よりの運用に切り替えるのがいいでしょう。

 

トレードスタイルについて

人はそれぞれ自分に合わないことを続けるのは、非常に難しいです。不可能と言ってもよいかもしれません。

誰かが何かをやって上手くいっているのを見て、それを自分がやって上手くいくとは限りません。(もちろん、上手くいく場合もありますが、いかないこともあるということです。)
なぜなら、人は持って生まれた性格を持っており、これは、後天的に作られたとは言い難いものがあります。

例えば、行動しながら考えるタイプと、考えて納得してからでないと行動できないタイプ

どちらにも成功者はいますが、そもそもタイプが異なります。
行動しながら考えるタイプは、打診買いをよく行うが、考えて納得できないと行動できない人は、その時が来るまで待つ。
前者は、より短期トレーダー的であり、後者はよりスイングトレーダー的です。
せっかちで動きたがりの人は短期トレード、熟慮型の人は、時間軸を伸ばすのが有効です。

ビジネスも人生も自分が苦痛を感じることは続けられないのです。

 

苦痛を感じない距離とサイズ

結局のところ、苦痛を感じながらトレードするのは本来の姿とは異なります。
苦痛を感じない程度の距離とサイズを決める必要があります。

例えば、オーバーナイトや週をまたぐことで不安を感じる人もいるし、そうでない人もいます。
また、いずれの場合でも、ロットサイズが小さい限り不安を感じなくすることもできるはずです。

苦痛を感じない距離とサイズは、それぞれの預貯金や収入、それに対するイニシャルデポの割合、固定支出や負債返済額、その総額などの財政状態から異なるのです。
ゆえに、ご紹介した他の記事を参考に、まずは苦痛を感じない距離とサイズを定義づけてみてはいかがでしょうか。

 

年齢や本業の負担も考慮しよう

細かく頻繁な取引(値動き)に付いていくのはしんどいと思う人は、時間軸を伸ばしてみましょう。(特に本業がある人は、数時間チャートをみられないこともザラにあると思いますので、「1時間以上日足以下」がおすすめです。)

睡眠不足や心理的負担などが本業に悪影響を及ぼすと、本業の結果も好ましくなくなり、結果トレードも上手くいかなくなってしまいます
つまり、悪循環スパイラルというのが一度起きるとトレードという存在が人生をマイナスにしてしまうこともあります。
かくいう私も、本業が上手くいっていない中トレードして、満足に集中できずトレードに失敗し、メンタルの不調からさらに私生活まで上手くいかなかったことがあります。

まさに、トレードだけでなくビジネス、人生、恋愛、人間関係すべて同じであり、より良い結果を求めて何かをすることが、かえって悪循環の種子となって、悪いスパイラルを巻き起こすことがあるのです。

 

それでも取引をするのは何のため?

さきほどご紹介した負担を抱えるかもしれないと分かっていてもトレードするのはなぜですか?

それは、本業での劇的な収入UPが期待できないからではないでしょうか。

また、単に貯金しておくのでは、毎年複利でインフレが進むため、30年も貯金のまま放っておこうものなら、ただ単に物価が上がった社会の中で、自分の購買力が落ちるから(預貯金は減少したのと同じ)であり、搾取的構造ではなくダイレクト収益を持たないとお金持ちになることはできないからであり、短期投資を通じて、人生の心理を学ぶためではないでしょうか。

 

バックテストが投資を進化させる

短期トレードは、究極的には、フォワードテストで現在の値動きに対して良い利益を出せなければ何ら意味はありません。
フォワードには、判断力、決断力、実行力が求められ、バックテストではそれらはあまり重視されないです。

しかし、バックテストにも大きな効能があります。値動きの型(チャートパターン)というものを自然にそれも短期間に集中して記憶していくという効能があります。
フォワードだけで、値動きの型すべてを見ようとすると何年かかるか分かりません。
バックテストを使うことで、数か月でもたくさんの値動きを体に焼き付けることが可能なのです。

そして、この値動きの型というものは、何百年と同じ型が出続けるため、一度記憶されて体に染み込むとリスク管理上あるいは、利益機会上、大変重要な基礎的な資質となります。

 

経済的に成功した人たちがやってきたこと

ずばり、損益管理を徹底し、資金管理を徹底してきたということです。

投資をある程度勉強された人は、すでに損益管理と資金管理をやっていると思います。
もちろんその精度に優劣はあるものの、通常20万円の手取り収入がある人は、30万円は使わないでしょう。
もし使っても、貯金から切り崩せる額とそのリスクを計算したり、カードやローンを使うなら、それが将来支払い可能かを計算していると思います。
会社経営をしている人なら、固定費以上の粗利を稼げるのか、そして売上回収サイクルと締め支払の支払サイクルからくるキャッシュフローは、プラスで回り続けるのかを計算している。
不動産投資も会社経営も個人の財政もすべて損益管理と資金管理で成立している。

成功した人々は皆、この2つが巧みであったということが言えます。

短期トレードもまったく同様です。やればやるほど増える算段になっているのか、そうならば、アクセルを踏むことができます。
一方、投資の元本に与える最大損失を常に考慮して、防衛し続けているか?そうであるならば、破たんはしません。その間に富は増えます。

通常の住宅ローンで9割の人が破たんすることはありませんが、FXでは9割の人が破たんするといわれています。
つまり、現実世界と同じように、まずは、限界を知り、生き残ることが肝要なのです。

 

ロスカット(ストップロス、損切)の基本

生き残るためには、適切なロスカットを避けることはできません。

ロスカットの基本は、直前高値の少し上直前安値の少し下が基本になります。
これらをそれぞれの時間軸で統一して考えます。

つまり、4時間足の人は、4時間足上の直前高値、直前安値です。

常に我々トレーダーは、ショートとロングの選択肢を持っています。
ショートが正しいかロングが正しいかを見極める前に、もっと重要なことがあります。

それは、ショートした時のストップロスまでの距離とロングした時のストップロスまでの距離の違いです。
必ずどちらかが遠く、どちらかが近いはずです。

損小利大(損は小さく、利益は大きいこと)の原理原則は、ストップロスまでの距離が短い場面でエントリーするということに尽きます。それがひいて、期待損益が+、PFが1以上という結果になります。

その上で、ロングが正しいか、ショートが正しいかというのは、また別問題になります。

まずは、ロスカットまでの距離が短いエントリーを意識することが、結局ロスカットの制御となります。

 

ロングを選ぶかショートを選ぶか?

ロングかショートを選ぶかは、まずは、

明快なトレンドには逆らわない

ことが基本です。トレンドは、下手なエントリーを治癒します。(不利なエントリーでもプラスになる可能性が高いです。)

明快なトレンドに逆らう時は、変化に気づいた時のみです。

これをもって、ロングかショートかを診断するとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。