来年の中小企業診断士 一次試験に向けた勉強の進め方・・・??

今年から中小企業診断士の勉強を始めた人は、勉強は順調に進んでいますでしょうか。

受験校を活用されている方だと基礎の学習がそろそろ一巡した頃でしょうかね。時期的にも、モチベーションが少し落ちてくる時期だと思います

試験が来年の8月とはいっても、6月~7月で勝負は決まるといっても過言ではありません。要は、その頃に基礎が理解出来ていなかったら、また来年です。

そうならないために、学習計画を今のうちに立てて計画どおり進める必要があります。

 

課目ごとの得意不得意を見極めよう

中小企業診断士の一次試験の課目は、7課目もあり、それぞれ癖が異なります。そうすると、得意な課目もあれば、どうしても不得意な課目があると思います。まずは、それを見極めましょう。

そうすることで、どの課目にどの位時間を割くのか見極めるのです。不得意な課目には、理解するのに時間がかかりますし、得意な課目は、あまり時間をかけなくてもそこそこの時間でもそれなりに得点を稼ぐ事ができるかもしれません。

また、課目によって、高得点を狙える課目と狙えない課目があります。それらも加味して時間をどれだけかけるかを判断する必要があります。

 

主要な3課目は絶対に理解しよう

主要な3課目「企業経営理論」、「財務・会計」、「運営管理」は、二次試験に直結する知識であり、絶対に捨てることはできません。なので、これらの課目は、必ず理解する必要があります。

話がそれますが、「理解する」とは、選択肢から回答を選ぶ程度のレベルではありません。例えば、どういうものか全く知識がない人に教えることができる位に内容を押さえておくレベルです。ただ「知っている」だけではダメですね。

特に「財務・会計」は苦手にする人が多い傾向があるので、もし、苦手ならまずは、財務・会計を理解するように集中して勉強しましょう。私は、覚えが悪いこともあって、12月まで財務・会計のみに絞って勉強した位です。

 

全てとは言えませんが、二次試験に関連する知識は、絶対に捨ててはいけません。後で苦労します。

 

スケジュールを作ろう

では、8月までにどのように学習を進めるのが良いのでしょうか?

人によって、仕事など状況が違うので一概に言えませんが、ざっというと次のような感じです。あまり、細かく作っても時間が取られるので最低限のスケジュールで良いと思います。

 

~1月 とにかく一巡(中小企業経営・中小企業施策は、暗記なので除く)させて、基礎を理解する。

~5月 覚えるべき内容(出題パターンや正解すべき問題)をやる

~7月 過去問を繰り返しやる

 

これでも、7課目あるのと暗記する部分があるので相当スケジュールが詰まっていると思います。

特に、中小企業経営・中小企業施策など理解するというより、とにかく暗記する課目は、最後に追い込む必要が出てくるのでその時間を確保しておく必要があると思います。

また、仕事などでどうしても時間が取れない時期が8月までにある場合は、その時間を除いてスケジュールする必要があります。

 

学習を進めていくと、どうしても進捗が遅い課目などが出てきます。そうするとスケジュールの見直しが必要になる可能性がありますのでチェックポイント(受験校の模試とか答案練習の点数など)を設けて随時学習の進捗を確認して、必要であればスケジュールを見直しましょう。

 

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。