中小企業診断士に合格後(1年目)に行った診断士活動とは・・・??

中小企業診断士を勉強されている方から、「中小企業診断士に合格してどんな活動をしているのでしょうか。」
という質問を受けますので紹介したいと思います。
私は、いわゆる企業内診断士なので起業されている方(今後、起業される方)には、参考にならないと思います。

このような質問を受けるということは、合格後に資格を活用するイメージや目的がハッキリしていない方が多いと思われます。
私も勉強を始めた時は、単なるスキルアップでしたので目的が明確な方は、一部の独立志向がある方ではないでしょうか。

 

結論から言うと、診断士らしい活動は、何もできていません!

本業が忙しいのではなく、診断士としての活動は思った以上に難しいというのが正直な感想です。
私が考える診断士らしい活動とは、企業の診断・助言活動と考えています。
中小企業診断士には、中小企業診断士協会という組織がありますので、加入することで活動の機会は広がるのですが、目的が曖昧なままなんとなく参加しても効果はないと考えています。それどころか、会員費(年間でおよそ5万円)がかかるので金銭的にも負担になります。

中小企業診断士協会へ加入しての活動

仕事の受注機会を作る(人脈を広げる)

協会のイベントに参加することで先輩診断士との繋がりができます。
しかし、他の診断士と繋がって何を実現しますか。
独立している診断士の方と繋がれば、仕事を回していただけるのでしょうか。常識的に考えて可能性はほとんどないと考えています。
よほど意気投合したのであれば別ですが、昨日今日会った実力も分からない診断士に仕事を任せてくれるでしょうか。

協会から仕事の紹介を受ける

数は多くありませんが協会から仕事の紹介があることがあります。
ただし、案件ごとに条件があり、実務経験が求められていることが多い印象です。
本業で求められている経験を積んでいれば問題ないのですが、未経験の場合最初の経験をどのように積むのかが問題になります。
最初の経験をどのようにして積むかがハードルになると思います。

マスターコースや研究会に参加する

協会や各支部には、マスターコースや研究会と言われる活動があります。
これらの活動に参加することで専門分野の研究やスキルを身につけることができます。

マスターコースは、独立されている方などが講師となってコンサルティングスキルなどを1年間など一定の期間をかけて習得することができます。
ただし、有料で受験校の受講料程度の費用が必要になります。
受講することで一定のスキルを身につけていることが証明できるようなので、仲間内で仕事を回していただけることがあるようです。
しかし、毎年十数人のメンバーが受講しているのでどこまで仕事が受注できるのかは、正直未知数です。

研究会は、大学のサークルのようなイメージで実務というよりは、専門知識を高めるための活動に近いです。
興味本位で参加してみるのも良いのですが自分が身につけたい分野が明確になってから参加する方が効率的だと思います。

 

単独で活動する

企業の診断活動をする

専門的なスキルや経験がないと正直難しいです。
営業スキルをはじめ、自分をアピールするスキルがないとはじまりません。
経営者の方とのコネクションも必要になると思います。
ほとんど独立できる状態でないと難しいと思います。

受験校で作問や講師をする

受験校で作問や講師の仕事がありますが、講師は人数は限られていますし、それなりにスキルが必要です。
講師経験がない人や人前で話す経験がないと厳しいのではないでしょうか。
何より合格者を出すという結果が求められる世界です。

 

診断士活動に向けて

診断士になったからといって、いきなり診断活動を行っていけるものではないです。
そのため、まずはどのような分野に強みを持って活動していくのか方向性を定めた方が良いと考えます。
最初は、内容を問わずチャンスがあった仕事をこなすことになるかもしれませんが、他の診断士と同じような活動方法では大した活動はできないのではないでしょうか。

特に企業内診断士の方は、他社に対する活動をするのは時間的にも難しいと思いますので、診断士の活動というよりは、いかに診断士のスキルを社内の活動に活かすかを模索する方が効果的かもしれません。
しかし、それでは、診断士になる必要はまったくありませんので個人的には、すごく微妙な活動だと思います。

せっかく中小企業診断士になったのであれば、本来の使命である中小企業に貢献できる活動を中心に行っていきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。