資格の勉強を始める前に考えておくべきこととは・・・?

スキルアップの方法として資格を取得する方法があります。

資格にも色々ありますが、国家試験であれば公的に自分のスキルを証明できたりとメリットがある反面、

デメリットもあると思います。

資格を取得してから、色々なデメリットが基になってせっかく取得した資格が活かせないということに

ならないように事前にその資格について取得してからの活用方法を確認してから取得に取り組むことが

必要になります。

今回は、資格取得について事前に考えておくべき事をまとめてみました。

勉強期間

資格といっても難易度は様々です。

1か月程度しっかり勉強すれば取得できるものから、数年間しっかり取り組む必要がある資格まで様々です。

取得までに必要な期間が短いほど複数回挑戦したとしても必要な期間は、全体的に短くなると思いますが

試験自体が年に1回しかなく、しかも1度の受験では合格が難しいような資格では、取り組み期間が複数年に

なることも往々にしてあります。

そうすると新しい事に対する勉強ができないまたは制限されてしまい成長する速度が遅くなる事があると

考えています。

もちろん、繰り返し勉強することで知識は定着するというメリットはあると思いますが、試験勉強だけでは

実務で活かせる知識になるかというと全く別物であると思っています。基本的な知識として必要なことでは

ありますが、試験のための勉強と実務を見据えた勉強ではやり方が違うような気がします。

 

その資格試験に取り組む前には、本当にそれだけの期間をかけて勉強する価値があるのか

一度考えることをおすすめします。

 

 

費用(コスト)

資格には難易度が様々だと記載しました。簡単な資格では、市販の参考書で間に合うかもしれませんが

やはり、それなりの難易度の資格となると受験校を利用したりすることが多いと思います。

勉強期間とも関係してきますが、勉強に必要な金額も変わってきます。

単に趣味として資格を取得されるのであれば、問題ないかもしれませんが仕事やビジネスに活かしたいと

考えられている場合、費用対効果をあらかじめ考えておくべきではないでしょうか。

 

一部の独占業務がある資格(弁護士、弁理士など)は除くとして他のほとんどの資格については、

資格がなくとも仕事をすることができます。

また、企業に所属して働く場合、一般的には、資格より実務経験が重視される傾向があるため、

資格があってもさほどメリットにはならないのが現状です。

そのような状況にも関わらず、資格取得に対してコストをかけ続けるのは、ムダな気がします。

要は、費用対効果が少ないということです。

それであれば、実務に直結する知識を習得したり、パフォーマンスを低下させないために

リフレッシュなどの余暇に使ったほうがよほど効率が良く働ける気がします。

 

また、資格が取得できないからといって途中で諦めてしまっては、なおさらコストの大半がムダ

なってしまいかねません。

結果が悪かったとしても最後まで諦めずに取り組めるのかということも再度考えた方がよいと思います。

 

取得後にも費用が必要な資格もある

資格の更新制度があるような資格の場合、講習を受講したりすることで知識レベルの維持を図るのですが

受講料が必要になったりして意外と時間とコストが必要になる事があります。

単に取得が目的になってしまうと取得後のコストが負担になることがあるのです。

取得した資格が基になって、収入がある場合は、問題ないと思いますが、単にスキルの証明として使用して

いるならば、取得後のコストが負担になってしまい結局、更新せずにそのままということになって

しまいかねません。

それでは、取得までに費やした時間も費用も無駄になってしまうことでしょう。

 

活用機会

取得してどのような活躍機会があるかが一番重要です。

資格取得手当がつくので収入がアップする、資格保有者同士の集まりに参加できるので人脈形成ができるなど

資格を持っているからこそのメリットがあるのかは押さえておくべきだと思います。

資格を取得すること自体を目的にする場合は、問題なのですが、やはり苦労して取得するからには、

取得後に活かすことを考えておくべきだと思います。

人脈形成など一概にお金に換算できないメリットもあると思うので何がメリットとするのか人によって違うと

思いますが取得までに費やした時間や費用とは関係なく得たいものがあるかを確認しておくべきでしょう。

特に活用する目的もなく更新費用がかかってしまっていては、持っていない方が良いかもしれませんね。

 

まとめ

資格は、使い方次第では、様々な状況で活用できるものだと思いますが、何も活用しなければ単なる肩書で

終わってしまいます。

せっかく時間と費用をかけて苦労して取得したのであれば、メリットを発揮できるように上手く使わないと

もったいないです。

これからの時代は、ますます働き方も多様になってくることが想定されますので、資格を活かして副業を

始めたりすることもできるかもしれません。

そのためにも取得する前にしっかりメリットを確認して計画的に取り組みを行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。