中小企業診断士 企業経営理論(戦略論と組織論)の勉強方法・・・??

中小企業診断士 一次試験で出題される「企業経営理論」は、比較的高得点が狙えず、掴みどころがない部分が他の科目と比較して多い気がします。

マーケティングは、比較的勉強がし易い(イメージし易い)と受験校などでも聞きますが、戦略論や組織論もやり方によっては、やりやすい部分もあると思います。

結局のところ、イメージできるかが勝負になると思います。

 

 

戦略論をイメージする

一部のフリーランスや起業している方は除きどこかの組織に所属していると思います。なので、組織に関する事は、自分の会社組織をベースに考えてみるとイメージがし易いと思います。

ドメインを確認してみる

自社に当てはめるのも良いですが普段仕事で自分がやっていることを思い浮かべてみましょう。その仕事の範囲とかってあると思うでんすよ、営業とか総務とか。自分を一人企業として見立てて、誰に対して仕事の結果を出しているか、どうやって仕事を回しているかを考えたら、それがエーベルの定義したドメインに近いイメージができるかもしれませんね。

 

組織論をイメージする

自社の組織体制を確認してみる

自社は、どのような組織形態でしょうか。機能別組織?事業部別?まずは、自社の組織体制を確認してみましょう。そして、組織形態のメリットとデメリットをテキストなどで確認します。その内容と自信の組織の内容と合っているか見比べて見ることで組織形態のイメージができると思います。

また、違っている点も見つかると思うのですが、一般的にいわれているデメリットを自社の組織形態に対してツッコミを入れて見ることで自社の組織でやれていない事もチェックできるかもしれませんね。

組織形態といっても微妙に違ったりすると思いますので、微妙な違いなどを確認することでよりイメージがつけやすいかもしれませんね。

 

上司の振る舞いを確認してみる

組織に所属しているのであれば、上司になる方がいらっしゃると思いますが、その上司に不満はありますか?全く不満がないとなると難しいのですが何か不満があれば、その内容を当てはめてみるとイメージし易いです。

そんなノルマ(目標)を押し付けたら、やる気がでない(ロックの目標設定理論)とか、仕事が激務の割には安月給過ぎるから仕事をやる気がでない(アダムスの公平理論)・・・とかです。

自分の状況とそれぞれの理論を結びつけることで、ただテキストを見て覚えるよりイメージがつきやすいです。

 

また、リーダーシップの行動理論は、一番イメージがし易いですね。あの人は、あの型だと知り合いをそれぞれ当てはめてみると分かりやすいですね。

人からたどって思い出しやすくなるかもしれませんね。

 

 

それでは、明日のために。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。