FXで勝つためには良質な情報集めと時間をかけることが必要だ

お金を稼ごうと思ったら、必要なことがあります。
それは、何だと思いますか?

「先行投資」・・・事前に投資(費用)、時間が必要です。

物を売るなら、広告を出してお客さまに商品を知ってもらわないといけないですし、お店を始めるなら、店舗を準備しなければなりません。
アルバイトなどの人も確保しないと業務ができないかもしれないですね。

しかし、FXなどのネットでのお金稼ぎは、あまりにも自分のお金や時間をかけようとしない人が多い気がします。
中には、「無料で稼げる」などのうさん臭いキャッチコピーで勧誘する怪しいビジネスが氾濫してますが、そんなもので稼げるようになることは、絶対といえるほどありえないです。

 

普通の会社で働く場合

多くの方は、どこかの会社に所属して、仕事をしているかたわら、FXに取り組んでいると思います。
いわゆる兼業投資家というやつです。

本業の仕事を始めた時のことを思い出してみてほしいのですが、研修を受け先輩社員からいろいろ教えてもらって、仕事ができるようになったと思います。
決して自己流で仕事はしていないはずです。

また、資格を取ったり、業務に関係するスキルを身につけるために自分で勉強したり、セミナーに参加して勉強した人は多いでしょう。

こうやって、仕事が「徐々に」できるようになったと思います。
私も、同じようなことをやって今の仕事のスキルを身につけました。

 

FXの場合

会社員でのスキルアップをFXに当てはめてみることにします。

知識をインプットする

まず、FXの勉強をしていますでしょうか。
本も読まない、教材(商材)で勉強もしない人が多い気がします。
ネットのちょっとした情報で勝てるほど簡単ではないです。
まれに、デモ取引や少額取引で独自の手法を構築して勝てるようになっている人がいますが、ほんの一握りであって、天才の域でしょう。われわれ、一般人が真似できるものではないです。

勉強しよう!

勉強する際に、教材を買うお金をケチって無料の情報に頼る人がいますが、会社員のスキルアップを考えたら明白なとおり、お金がかかります。
資格の勉強をするにも、参考書を買うと思います。
FXも同じで本当に勝てるようなトレーダを目指すなら、しっかりとした教材で勉強が必要になります。

勉強代をケチらない

最近、インフルエンサーと呼ばれる有名な方が「サロン」を開いてスキルを教えます。的なことをやっていますが、自分が何をしたいのか目的を持って選びましょう。
単に真似をすれば勝てるかということであれば、まず勝てません。
私も、とある仮想通貨FXのサロンに加入したことがありますが、とても一朝一夕で真似できるような内容じゃないです。
また、そのサロンは、教えている人の資産状況をベースに取引しているので少額の私では、まったく真似してもリスクが高いだけでメリットが少なかったです。

ちなみに、私は、書店で販売されているような書籍やとあるオンライン教材を基に勉強しました。
決して安い値段ではありませんでしたが、それがあったからこそ、勉強代を上回る利益を上げられるようになったと思っています。

知識を実践してみる

会社員では、研修を受けたら、現場に配属されてOJT(On the Job Traning)で勉強していったと思います。

FXも勉強した内容を実際に使ってみないと意味がないです。
しかも、毎日使いましょう。

会社員の仕事は、毎日やっていると思います。
では、FXの勉強はどうでしょうか。
最初に勉強して終わり。になっていませんか。

FXを専業として生業にしているトレーダーは、毎日FXと向かい合っています。
そんな連中を相手にちょっと勉強した新人トレーダーが勝てるわけがないです。
会社で新人社員が入社20年のベテラン社員には、普通は勝てないのと同じです。

いきなり、リアルのお金を入れるのが怖ければデモがありますし、ロットを1,000通貨単位で取引すれば、最小の値動きが数円で済みます。

毎日、やろう

FXは、ゼロサムゲームなので、勝った人がいれば負ける人がいます。
しかも、プロも素人も同じ土俵で勝負することになります。
新人だからといって手加減してはくれません。逆に、搾取してやろうと狙われてしまうのが当たり前の世界です。

一部の天才を除いて、一般人は、努力でカバーするしかないのでとにかくコツコツ経験・スキルを貯めましょう。

とあるトレーダーさんは、毎日どころか四六時中チャートを見ていると聞きました。
また、過去のチャートも5年、10年という膨大な量を分析されている人もいます。
兼業トレーダーがそのような時間を作るのは、無理ですが1日10分でもFXのことを考える時間を作るだけで1年後、2年後には、全然違う状態になると思っています。

継続は力なり!

徐々にやる

新入社員でいきなり、責任のあるプロジェクトを任されたとしたらどうしますか?
もちろんチャレンジしてみる人もいるかもしれませんが、まず力不足で難しいのではないでしょうか。

会社員であれば、「無料」で先輩社員に相談したり、助けてもらったりできますが、FXの世界は、実質自分一人で判断して実行しなければいけません。

そのため、自分に合ったレベルから始める必要があります。
いきなり、大きなポジションを持ったり、難しい状況でトレードしても上手くできるわけがないのです。

一度に結果を出そうとせずに徐々にやることが大切になります。
そのためには、「時間がかかる」ということを認識しておくべきです。

失敗は、即自分のお金を失うことになる厳しい世界なので、ゆっくりできるところから始めていずれ、大きなポジションでの取引や難しい相場でも上手く立ち回れるようになれば、良いかと思っています。
「休むのも相場」という言葉があるように、分からないときには、やらないこことも必要になります。

幸い、専業トレーダーと違って兼業トレーダーの強みは、ノルマがないので数日で結果を求めずに数年単位でゆっくり取り組むことのをおすすめします。

石の上にも3年!

 

まとめ

私もFXをはじめた時は、勉強そこそこにトレードをして、痛い目を何度もみました。
ロスカットなんて何度経験したかわかりません。

しかし、あきらめてしまうとそこで成長が止まってしまいます。
トレードが上手くなりたいのであれば、仕事の勉強や資格の勉強と同じと思ってコツコツ努力を積み重ねていきましょう。

ただし、趣味でなく本当にビジネスとしてトレードをしていくのであれば、資格と同じであきらめも肝心かもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。