SEからステップアップするために中小企業診断士を取得するメリットとは・・・??

中小企業診断士を勉強していてよく聞くケースとして、システムエンジニア(SE)からキャリアアップするために中小企業診断士を取得するというパターンがあります。
しかし、上流工程の経験から、中小企業診断士を取得してもキャリアアップにはすぐに繋がらないと考えます。
単にSEをからのステップアップであれば、中小企業診断士以外に有利な資格があると思っています。
なぜ、SEがキャリアアップのために中小企業診断士を目指してもキャリアアップに繋がらないのか説明します。

SEのステップアップとは何か

SEとは、システムの構築に関わる仕事ですが、その中でも設計工程以降に関わることが多いと思います。
具体的に言えば、基本設計とか詳細設計以降のフェーズになると思います。
ステップアップを考えた場合、一つ上流工程を担当することを目指すことが考えられます。
そうすると、上流工程と呼ばれるシステム要件定義工程さらにその上の超上流工程と呼ばれる業務も含めた要件定義を担当することを目指すことになるでしょう。
いわゆる社内SEやビジネスアナリストと呼ばれる職種の方が担当している領域です。

中小企業診断士との関連性

残念ながらこれらの上流工程の領域は、中小企業診断士の知識と全く関係ないです。
よって、中小企業診断士を取得したからといってあまり、役に立つとは思えないです。
必要になるのは、システム構築のノウハウや知識の方が重要になるため、システム開発の経験が必要になると思います。
論理的に考える、一貫性を考えるなど思考方法は、共通していると思いますがそれであれば、中小企業診断士でなくても良いと思います。

中小企業診断士は、戦略立案や現状の事業の分析などの領域が専門になると思いますのでSEのシステム分野で言えば、開発のフェーズではなくシステムとどのように導入するのか否かを考えるフェーズを担当しないと相乗効果が発揮しにくいと思います。しかし、これらのIT戦略を考える仕事は、キャリアアップでは難しいです。
それは、そもそものITの業界の構造を考えれば簡単です。
SEは、システムを作る立場、IT戦略は、システムを使う立場です。内製でシステム開発をしていない限り、立場が全く異なり、通常会社が違います。
そのため、IT戦略を担当するためには、事業会社又はIT戦略をコンサルティングするような環境でなければ担当することは難しいでしょう。

 

上流工程へのステップアップ方法

個人的にシステム開発は、階層制度と同じで役割が決まってしまうとそこから離れることが難しいと思っています。
特に下流には行けても上流には行きにくいです。
小規模なアプリであれば、上流から下流までひととおり担当するかもしれませんが、ある程度の規模になれば、役割分担することになるのでスペシャリストとしてのキャリアパスになると思います。

そのため、上流に行くのであれば、中小企業診断士の資格を活かして上流工程に行くのではなく、そもそも環境を変えるしかないと考えます
その時に、中小企業診断士が役に立つかというと私は役に立たないと思っています。
新卒採用ならまだしも、転職であれば経験がないと難しいからです。
特に中小企業診断士で勉強するシステム領域なんてシステム開発の現場でどの程度役に立つかというとほとんど役に立たないです。システム開発の人間であれば、ほとんど勉強しなくても50点位は取れる内容でしかありません。

有効な資格や経験

中小企業診断士を取得するには、1年以上の時間が必要になります。
それであれば、他の資格の方がよっぽど実務で役に立つと考えます。具体的には、PMPや高度情報処理資格などです。
または、小規模でも良いので上流工程を経験する方が役に立つと思います。

中小企業診断士は、対外的なウケは良いかもしれませんが全くというほどシステム開発の実務の評価には繋がらないのが現実です。

 

まとめ

キャリアアップに中小企業診断士を取得するのは、ムダではありませんが効果は少ないです。
必要になる時間と効果が見合わないのでよく計画を立てて勉強に取り組む必要があるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。