中小企業診断士を登録して判明した現実とは・・・??

中小企業診断士試験に合格して、やっと中小企業診断士として登録したのもつかの間、色々厳しい現実を体験しました。
もちろん、登録しなくても分かることだったのですが、改めて現実を目の当たりにしたのでこれから取得しようとしている人のために
ご紹介したいと思います。

ハッキリ言って、何年もかけて勉強に時間を費やして、本業やプライベートを犠牲にしてまで取得するにはあまりにも見返りがありません。
もちろん使い方次第なのですが、独立して中小企業診断士として使う予定がないのであれば、取得する意味はないでしょう。
それならば、本業の勉強をするかプライベートを充実させた方が充実した人生になると思います。

話のネタ

実務でコンサルタントをしていても全くというほど役に立ちません。戦略コンサルタントでもない限り、知識が役に立つことは少ないです。
私は、しがないコンサルタント会社でコンサルタントをしています。
私の経歴は、システム関連の実務経験が多いことから、システムに関する案件が多く中小企業診断士の知識を活かす場面がまったくありません。
なお、中小企業診断士の試験科目に経営情報システムがありますが、いわゆる上流工程のシステム案件ではまったく意味がありません。
会話の意味が分かる程度で実際にアウトプットするためには、全然スキルが足りません。
正直、プラスの何かの専門知識がない限り、注目されることはないのです。

プロジェクトを移る時などの面接で多少話のネタになったことはあっても加味される分けではなさそうです。
特に中小企業以外の案件だと間違いなく、実務経験が重視されます。
仮に中小企業診断士としての活動の実績があってもまったく見てもらえません。数年単位で活動があれば別かもしれませんが、
数年も中小企業診断士として活動できているならば、独立してしまった方が良いでしょう。

 

転職

中小企業診断士の資格があったからといって転職に有利になるかといわれると、多少は有利かもしれませんという程度です。
転職においては、やはり年齢や経験に勝るものはありません。という印象です。
20代で有名企業などの経験があった方が転職には有利だということです。

私が転職活動にて実際にあったことですが、中小企業診断士の資格取得を推奨している会社でさえ有利に働くことはありませんでした。
結局は、実務に関するスキル・経験があるかどうかなのです。
特にある一定の年齢(30代半ば以降)からは、実務経験がないとお話になりませんという印象です。

一部の中小企業を相手にしているコンサルティング会社ならば、中小企業診断士の需要があるかもしれませんが、
募集の条件を見る限り、まったく仕事内容と報酬が見合いません。
よほど、中小企業のコンサルティングがしたい人でなければやってられないのが現状ではないでしょうか。

 

仕事を取る

資格があるだけでは、仕事がありません。
一部診断士協会のキーマンと上手く繋がれれば、仕事をくれることがあるようですが中々チャンスがあるものではありません。
結局、集客のスキルを身に付ける必要があります。しかし、集客方法は、中小企業診断士の試験勉強では勉強しません。
なので、一からビジネスを起こすことと同じ努力が必要です。
あなたに、集客することはできますか。何もない状態から案件を獲得するスキルはありますか。
お小遣い程度の収入ですら、苦労します。

まとめ

結局のところ、中小企業診断士だけでは何もできないというのが結論です。
中小企業診断士と何か強みがあって生きる資格です。
また、企業内でも取得が推奨されているような会社出ない限りは、効果はないでしょう。
良いところ、名刺に書くくらいではないでしょうか。

取得には、1年2年と年単位の時間がかかるのがほとんどです。
それだけの時間があれば、何か別のスキルを身につけることもできますし、友人を作ることもできるかもしれません。

試験勉強による機会費用をよく考えて、取り組むことをおすすめします。
間違っても試験のために生活基盤の安定を捨てるのは、かなりリスクが高いといわざるをえませんのでよく考えてください。

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。