FXで負けた資金を取り戻すための投資は絶対に辞めるべき理由があります

FXをはじめとする投資を上手くやることができれば、労働による収入より「効率的」かつ「多くの資金」を入手することができます。

しかし、投資で安定的に成果を出すのは非常に難しいです。
投資をされたことがある方は分かる思いますが、副業であっても勝ち続けるのは難しいですし、ましてや専業としてやっていくとなると本当に限られた人しかできない印象があると思います。
FXでは、9割くらいの人は勝てないと言われていますが、納得できる数字ではないでしょうか。

 

メンタルコントロールが難しい

投資が難しい点は、色々あります。
技術的なテクニックや知識はもちろんなのですが、メンタル的に淡々と冷静になって取引することがまず、難しい点だと思います。
自分が必死に稼いだリアルマネーでやるとどうしても手法やルールを明確にしていたとしても、資金の大半がなくなるような含み損を抱えると冷静に取引ができなくなった経験がないでしょうか。事前に決めたロスカットラインを無視して損失が膨らんでいませんか?
また、含み益が少し出ただけで決済したくなり、トレンドが継続しているにも関わらず少しの利益で決済してしまうことはありませんか?
私もFXを始めた頃は、値動きに一喜一憂して、冷静にトレードできない上、負けてしまうと早く取り戻そうとして、ロットを上げて無理なエントリーをしてさらに損失を出してしまうという悪循環の毎日でした。

 

調子に乗ると良いことない

投資に限らず、良い流れの時に調子に乗っていると普段はしないような大きなミスをした経験が誰しもあると思いますが、FXも同じでちょっと勝てているからといって調子に乗ってロットを増やしたり、安易なエントリーをしてしまうと、コツコツ勝ってドカンと負けるパターンになります。

その中でも「コンコルド効果」と呼ばれる状況になった時は、一旦、投資を辞めて距離を置いた方が良いと思います。

理由は、自分でも止められず負けを繰り返すことで泥沼にハマってしまう可能性があるためです。
なぜ「コンコルド効果」に陥ると危険なのか自分が大失敗した実体験も踏まえて紹介します。

 

 

コンコルド効果とは

一度損失が確定してしまったポジションは、取り返せない埋没コスト(サンクコスト)となり、何をしても戻ってきません。
なのに、頑張って取り戻そうとして更に負けを重ねてしまうことを「コンコルド効果」といいます。

名称のコンコルドとは、イギリスとフランスが開発した超音速の民間旅客機の名称です。
この旅客機は、開発費等の運行前の莫大な費用の回収目処が立たないにも関わらず、運行を続けてしまい多額の負債を発生させたことから、無駄なことにこだわってさらに状況が悪くなってしまうことの名前の由来になっています。

 

それコンコルド効果ですよ?

FXの場合、どのような時ににコンコルド効果に陥っているかというと私の経験上、次のような状態になっていたら、コンコルド効果にかかっている可能性があるといえるでしょう。
特に、複数の状態が該当するとしたら危険かもしれません。

次こそは勝てるはず

FXも他の投資と同じように100%勝てるものではありません。
なのに、次こそは勝てると妄想してトレードをするのは、ただのギャンブルと変わりません。
下手すると勝ち負けがはっきりするギャンブルの方が損失が限定されて、負けたときの損失額が少ないかもしれません。

一回で取り戻してやる

FXは、相場の値動き次第なので勝つ度合いはその時によって違います。
しかし、一度に負けを取り戻そうとするとせっかく含み益が出ていたにも関わらず、マイナスになってしまいせっかくの利益機会を逃してしまうかもしれません。
また、一回で負けを取り戻すためには、どうしてもロットを大きくする必要があるため、含み損を抱えた時の金額も大きくなってしまい損切りができなくなり、さらに損失が拡大してしまうこともあるでしょう。

しばらく経つと忘れる

失敗したその時は後悔したと思います。
しかし、一度反省したものの時間が経つと後悔も反省も忘れてしまい同じ失敗を繰り返してしまったことはないでしょうか。

一回で自分の行動の癖を修正する事は、大変難しいことですが何か改善しないまま何度も同じミスをする場合は問題です。
なお、ミスした経験自体を忘れてしまうと根拠がないにも関わらず、次は上手くできると思ってしまう事もあります。

 

どうしたらいいの?

ポイントは、一度確定した損失は、埋没コスト(サンクコスト)となってしまい何をやっても取り戻すことはできないので、次のトレードの時に考慮してはいけないということです。前回いくら負けたから、今回はいくら以上勝たないといけないとか思ってはいけません。

では、コンコルド効果が出てしまった場合は、どのようにすれば良いのでしょうか。
特に依存しやすい性格の方は、ずるずると続けてしまい状況が悪くなっていく可能性が高いので早急に手を打ちましょう。

自分で気づいた場合

いっそ、一回トレードを中止してしまいましょう。
もし、トレードしてしまいそうなら、資金も引き上げて時間をおくことです。
続けてやると気持ちも熱くなり、さらにハマってしまうことになりかねません。ギャンブルで熱くなれる人は注意です。

本当に冷静に状況を判断してトレードができるのであれば、ロットを抑えるなどして実施する方法もあります。
なお、その時は、負けた時以上に時間をかけてトレードしましょう。
なぜなら、資金を30%失うと元に戻すには、資金の30%以上の利益を得る必要があるからです。
例えば、100万円の30%を失うと残り資金は、70万円になります。
しかし、70万円を100万円にするためには、同じ30万円なのですが、その時は、資金が70万円なので70万円の42.86%の利益が必要になります。

自分で気づけない場合

自分で気づける場合は、対処のしようがありますが問題は、自分で気づかない場合です。
または、気づいてもやめられない場合です。その時はどうすれば抜け出せるのでしょうか。

色々方法はありますが、まずは自分がまずい状態にあることに気づくことです。
例えば、トレードの結果をメモしておき可視化しておけば、負けた時もどの程度の負けなのか把握することができます。
他には、他人に状況を見てもらうことも一つの方法です。客観的にアドバイスをもらうことで自分では気づけないことでも知ることができます。

ただし、人の言うことを聞かない頑固な人はこの方法では効果がないでしょう。
個人的には、素直に人のアドバイスを吸収して活かせないのであれば、トレードは早く辞めた方がいいと思います。

 

まとめ

FXのトレードの失敗は、レバレッジをかけられることからも金額が大きくなる可能性があり、失敗の程度によってはその後に大きな問題となる可能性もあります。

投資は、余剰資金で行うようにと言われるとおり、なくなっても問題ない(なくなっても何とも思わない)範囲で行うことが賢いやり方だと思います。決して、投資の失敗でその後の人生を変えることのないように楽しくトレードを楽しみたいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。