来年の中小企業診断士の二次試験(筆記)に向けて・・・??

昨日は、中小企業診断士 二次試験(筆記)の合格発表日でした。受験されたみなさまは、結果はいかがだったでしょうか。

今年の合格率は、「19.2%」と平均的な合格率であったのではないでしょうか。

合格されたみなさまは、おめでとうございます。

残念ながら不合格に終わった方、既に来年に向けて再スタートできていますでしょうか。

 

来年に向けてやること

来年に向けて一次試験を受験しなければいけない方と一次試験は免除される方では、戦略が変わってくると思います。それぞれの状況にあった計画を立てていち早く再スタートするのが合格への近道だと思います。

二次試験のみの場合

一次試験はできれば受験する

一次試験を免除できる方は、念のためノー勉強でも受験しておくのが良いかもしれません。万が一の保険ですね。本当なら、7課目合格できるはずですがなかなかそうもいかないと思いますので程々にやって得意科目だけでも合格しておくことで万が一の時に負担が減らせるかもしれません。

 

二次試験の勉強ではなくコンサルティングの勉強をする

さて、問題は、二次試験の勉強ですが、まだまだ勉強が十分でなかった部分があるかもしれません。その点については、さらなる勉強をしていくことで点数を伸ばせると思います。

しかし、受験校等の答案練習などである程度点数が取れていた方は、もう一度何が原因だったのか分析することをおすすめします。その時にどのように考えて回答を導き出したのか?本当に盲信していなかったか?など回答プロセスを一つ一つ見直すことが今年の自分に勝つための唯一の方法だと思います。

また、試験の勉強なのですが、試験勉強と思わずにコンサルティングを行っているという意識で取り組まないと小手先のやり方をしがちになるような気もします。私の周りにも試験勉強をしているような方が見受けられましたが、個人的には、模擬コンサルティングをしているような感じで、すべての可能性を検証し、本当におすすめしたいと思う回答を提案することが大事なんだと思います。

過去問は、所詮過去問なので本番では過去問のパターンに当てはめるような思考は危険だと思います。一からコンサルティングできるように練習していくような勉強をすることで合格に近づくことができると思います。

 

一次試験を受験しなければいけない場合

一次試験を再度受ける場合は、課目にもよりますが、少しでも記憶を風化させないのが効率的だと思います。もちろん二次試験の勉強も大切なのですが、まずは、一次試験を突破しないことにはお話になりません。

7課目残っている方はとにかく全部やる必要がありますが、科目免除課目がある人は、免除するかどうか迷うと思います。

しかし、二次試験でも必要な「企業経営理論」、「財務・会計」、「運営管理」は、勉強をしておかないといけませんのでもし、不得意課目ではないならば免除せずに受験するのも一つの手だと思います。

最近の一次試験は、経営情報システムをはじめ、例年の予想に反して難化する課目が多いです。そのため、個人的には7課目すべて受験するのがリスクが少ないのかもしれません。

 

すでに来年に向けてのカウントダウンは始まっています。一日一日ムダにすることなく合格に向けて頑張っていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。