資産形成はインカムゲイン思考で狙うべし

2020-09-02

スポンサーリンク

資産を構築するには、キャピタルゲインではなくインカムゲインを狙うべきだと思います。

もちろん、値動きが予想できる方は、キャピタルゲインを狙うことも全然否定するものではないですし、インカムゲイン100%では、大きく資産を形成することはできないです。

ここで言いたいのは、インカムゲインの思考で資産形成をすべきと言うことです。

キャピタルゲインとインカムゲイン

まずは、キャピタルゲインとインカムゲインの違いを説明しておきます。
そんなことは知っているよ。という人は、読み飛ばしてもらってかまいません。

キャピタルゲイン

いわゆる値動きの差額によって得られる収益のことです。
安い値段で買って高い値段の時に売れば、その差額が収益になりますが、そのような差額で得る収益のことです。

億単位で稼ごうと思ったら、キャピタルゲインを得ないと稼ぐことは難しいです。
もちろん、うん百億円以上の資産があって、それを運用すればインカムゲインで稼ぐことも不可能ではないですが、多くの方は、そのような大きな元手がありませんので大きく収益を得たいなら、キャピタルゲインを意識する必要があります。

インカムゲイン

いわゆる配当とか金利収入のことです。
キャピタルゲインと比べて、収益は少ないですが定期的に確実に得られることがメリットです。
また、インカムゲインも得られた収益を再投資していくことで、複利効果が働いて将来大きな収益を得られることが可能です。

ただし、そのためには、元手を大きくするか投資期間を長くする必要があります。

ローリスク・ハイリターン

基本的にリスクと収益は、反比例します。
大きな収益を得るためには、損失を負うリスクを取らないといけません。

銀行の円預金は、元本が保証されている代わりにほとんど利益は得られません。
レバレッジが効かせられるFXなどは、利益の幅も大きいですが元本の保証はなく損失(マイナス)になるリスクがあります。

理想は、元本を毀損せずに大きな利益を得る商品があれば良いと思いませんか。

人によってどのくらい収益があれば良いとかリスクを取れるかは違いますので一概にどの金融商品が良いとか悪いとかは言えないですが、現状次のような商品は、将来のキャピタルゲインも狙える上、インカムゲインも狙えると思います。

種類キャピタルゲインインカムゲイン
インデックス投資信託×
暗号資産

インデックス投資信託のメリット

投資信託のメリットは、なんと言っても「NISA」が使えることですね。iDeCoでも同じです。
この差分の利率を稼ぐのも実際やろうとすると大変です。

また、個別の株式に投資するのは、企業の将来性を分析する(できる)必要があります。
これは、財務諸表をはじめ、企業の経営方針から他社より優れていて、将来性がある事業であるかを見極める必要があるので、やすやすとできるものではないです。
(世の中のアナリストが分析しても必ずしも利益が出ているかというとそうではないことからも明らかです。)
なので、素人がROEとかだけで判断できないです。

そのため、ダウや日経などのインデックスに投資する投資信託の方がシンプルで、長期的に成長している市場を選ぶだけなので比較的わかりやすいです😊
※インデックス投資信託が今後も利益を出し続けられるかは断言はできないです。

暗号資産のメリット

暗号資産は、なんと言っても今後の将来性が未知数なところです。
もちろんリスクでもあるのですが、昨今のキャッシュレスの方向性からしても益々キャッシュレスが進むのは間違いありません。
意外と知られていませんが、お札や硬貨は、あまり衛生的ではないですよ😷
コロナウィルスの蔓延で、非接触の対応が進むと需要が出てくる可能性はあると思っています。

また、暗号資産は、ステーキング、レンディングという利息のようにインカムゲインを得る方法があり、成長市場だからこその高金利(日本国内の業者で5%程度あるようです)で運用できる点も見逃せません。
もちろん、一般的には、「高金利=リスクが高い」なのですが、正直なところ、資産の一部はリスク商品を保有しておかないと大きく成長するチャンスを逃すことになりかねないです。
日本もバブルの頃は、銀行の定期預金で金利が年8%程度という時代もあったそうですが、現在はそのような元本保証で高金利の商品は残念ですがありません。

暗号資産もレバレッジをかけて差金決済する商品もありますが、現物で購入すれば、購入金額以上に損失が出ることはないので、その点は安心です。

暗号資産のデメリットは・・・❓

デメリットもちろんあります。
まずは、まだ成長途上なので、リスクが大きいことです。
ちょっと値下がりではなく、本当に価値が限りなくゼロになることもあります。
株式で言えば、会社が実質事業を辞めるとか倒産するようなイメージです😭

株式で製薬関連の銘柄に投資するのと似ているかもしれません。

複利効果でリスク以上のリターンを得る❗

得た利益を再投資し続けることで、複利の効果で資産を増やすことができます。(キャピタルゲインで損をしない前提です。)

二桁%で上昇する銘柄もありますが、数%でも5年、10年と複利で運用すればかなりの額になります。
特に資産が大きくなれば、加速度的に増えますから運用期間が長いのはスゴイメリットがあります。

自分の判断で運用して損をするリスクと年間数%でも複利で増やすリスクだと圧倒的に後者の方がプラスにできると思います。
なかなかこれは実感しにくいところだと思いますので、ぜひ少額で試されることをオススメします。

スポンサーリンク