フェーズごとに意識と手法を変えて高度なポジション管理を行う方法

チャートは、一見すると無造作に動いているように見えますが、様々なパターンに分類できます。

特徴のあるフェーズに分けて考えることで、それぞれのフェーズごとに意識するポイントと対応する手法を使い分けることができ、値動きが読みやすくなることで、勝率向上につなげることが可能です。

4つのフェーズ

チャートを次の4つのフェーズに分解してそれぞれの特徴を考えます。
これは、どの時間足でも共通の特徴になります。

  • ゴールデンタイム(一方向への強い流れ)
  • 逆方向への動きを見せ始める(転換の型、トレンド終焉)
  • 逆報告に抑圧されたように見えるも高低レンジが発生(トレンド回帰の動きも強い、方向性に迷っているように見える)
  • 次のゴールデンタイム(逆方向への動きが本格化)

 

4つのフェーズごとに意識と手法を変える

4つのフェーズでは、異なる意識を持ち、手法を変えて対応する必要があります。

第1フェーズ:一方向のトレンドが続く

ひたす押し目買いや戻り売りを行い、ポジションの利益は、なるべく伸ばすことが必要です。

第2フェーズ:逆方向の動きを見せる

転換点を取る時は、なるべく高値、安値の根元を抑えに行く(根元でエントリーする)べきです。
ロスカットは近く、0ラインを守って放置します。)

第3フェーズ:高低レンジが続く

一番厄介なフェーズになります。
トレンド回帰の動きも見せるため、レンジ売買になります。

オシレーター判断で安いところで買い、短めで利食い、あるいは、テイクプロフィット(TP)ラインに利幅を載せて為替レートに詰めていきます。
安値買い、高値売りは転換と同じですが、転換の場合が、長い時間じっくり待つのに対して、高低差のあるレンジのフェーズでは、短い距離で利食いをしていくことが必須になります。

第4フェーズ:次のゴールデンフェーズ(逆方向)

次のゴールデンタイム。
つまり、ゴールデンタイムが始まるように見えた転換点であったが、実はまだゴールデンタイムには入っていなかったわけです。
いよいよ、転換の型を見せ、レンジ的な乱降下を経て、一方向への進行がスムーズに始まる時期が来ます。
(ただし、波動には常に調整波があるため、ゴールデンタイムの時は、戻り売りや部分利食いを併用していきます。)

 

ポジションを分けることで高度なポジション管理を行う

長期足で見たポジションと短期足で見たポジションを使い分けることで、長期的なトレンドの利益と短期的なトレンドの利益の両方を得ることが可能となります。
例えば、4時間足を軸にしたポジション(小ロット・長距離)、15分足を軸としたポジション(大ロット・短距離)、これらを分けて持つことで、スイング上の利益の上に短期売買を繰り返すことが可能となります。

また、同じ時間軸の中でも1ロットで入るところを0.5ロットで近い距離で2つポジションを持つことで、利食いや損切の時に半分利食い、半分ロスカットができるようになります。
全てを一度に行うよりも半分づつ段階的に判断した方が、利食いは伸ばせたり、損失可能性額も限定できたりすることが多いです。

ただし、この方法は、難易度が高い方法になります。
初心者の頃にやるとポジションとポジションの思考法がぶつかり合って、混乱の元になるのです。

しかし、ずっとトレードをやっていると自然とできるようになるものなので、まずは、同じ時間軸で2つに分けてポジションを持ってください。
次に、長期軸で長いスパンでトレンド方向にしっかりとかけて、後は短期軸で売買を繰り返すと良いでしょう。

 

まずは箱を作る

相場は、時間軸(横)と値幅(縦)でボックスを作ることが可能です。

過去の記事でニューヨーク市場のお休み時間でボックスを作り、そのボックスを米国市場の時間帯で抜けた方向についていく手法をご紹介しました。
まだ、ご覧になられてない方は、こちらもご覧ください。

時間別の値動きと損益分岐ライン(建値)を守って利益を出すトレード方法

この手法は、ある意味有意義な手法になりますが、世界タイムと無関係にボックスを作っては、それを抜けるという動きを毎日意識しないといけなくなります。

どちらに行くかを予想するのではなく、ボックスを作り、抜ける動きを見続ける方がはるかに有益なのです。

 

ボックスを考える思考は、ニューヨーク市場のお休み時間だけでなく常に意識しておく必要があります。
例えば、大きなボックス(下記の黄色のボックス)の中にも、小さなボックス(下記の緑色のボックス)が引けます。
このように、ボックスをより詰めていくことで、エントリーの目安として使うことができます。

ボックスの上限・下限を抜けたら、IFDでエントリーするという方法が使えます。
このように考えておくことで、短期での利益も狙えますし、何より、チャートに張り付いていなくても、エントリーすることができるようになります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。