中小企業診断士 二次試験までの残り1週間でやること

いよいよ来週に迫った中小企業診断士 二次試験なのですが、あと1週間はどうやって過ごせば良いのか焦っている方も多いのではないでしょうか。

1周間といっても平日は、お仕事があったりしますので1週間全て使えるわけではないと思います。

そんな、残り少ない試験までの過ごし方を考えます。

 

【写真票に貼る写真を準備する】

受験票が届いていると思いますので、写真票に貼る写真を撮りに行きましょう。

写真票がないと試験になりませんので忘れずに準備しなければいけません。

 

【試験当日までの経路を調べる】

試験会場は、チェック済みでしょうか。

せめて最寄り駅までの経路や当日の出発時間など調べておきましょう。もし、アクセスが悪い会場や距離があるようなら、近隣のホテルをとって泊まることをおすすめします。

当日の朝から行く場合は、公共機関の乗り換えなどは必ずチェックしておきましょう。万が一、公共交通機関が乱れても慌てないように調べておくくらいの余裕があった方が良いと思います。

 

【当日持っていくノートなどを決める】

当日、各事例の最終復習のために見るノートを準備しておきましょう。

既に何かしらあると思いますが、当日は、そんなにいっぱい持っていっても意味がありません。

よく間違った論点など絞ってせいぜいA4数枚分の分量に押さえておけば十分休み時間の復習に使えます。

 

【当日の食事を決めておく】

当日食べる物は決めていますか。

会場付近は、混雑したりそもそも何もなかったりするかもしれません。事前に当日の食事は、準備して会場に向かえるようにどこで何を調達するか決めておきましょう。

 

気分を落ち着ける

無理な話かもしれませんが、あと1週間後には間違いなく本番なので、慌てても仕方ありません。今までやってきたことを信じてやるのみです。

寝られないとか普段と違う状況になっているかもしれませんが、なるべく普段通りの生活を心がけましょう。

特に夜更かしを控えて当日と同じ時間に起きるなど生活リズムを当日に近づけていきましょう。

普段どおりにやることがコツな気がします。

 

(一応)神頼みしておく

万が一変な?問題がでるかもしれません。既に問題は、出来上がっていますが神頼みしておくのは良いかもしれません。

当日、慌てないためにも一定の効果があるかもしれませんね。

 

中小企業診断士の試験は、一次も二次も年一回しかありません。悔いが残らないように精一杯の実力が発揮できるように頑張って合格をもぎ取りましょう。

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。