中小企業診断士を取得する目的って何・・・?

いよいよ、来週に迫った診断士試験の一次試験の対策は、もうできていますでしょうか。

来年はないですよ。今年で終わるんですよ。来年のことは、結果が出てから考えましょう。

来年になったら、色々必要になりますし色々失います。

時間は、もちろん新たに来年向けの教材も必要になるでしょう。

私が思う必要なものと失うものは、次の2つになります。

23017dcc6d022eb539aad69a9933d766_s

 

【機会損失】

1つ目は、失うものです。それは、

機会損失・・・最善の意思決定をしないことでより多くの利益を得る機会を失う損失

です。

合格できれば、勉強できたであろう機会を失います。同じ勉強をしていた仲間が次のステップに進んで勉強しているのを見ると本当に遠回りしたと思ってしまいます。

机上の勉強は、正直、本業の経験の差などもありますし、どの分野を得意分野としてやっていくかにもよるので個人的には、気にならないのですが、

合格しないと経験できないものって、明確に1年の差がつく気がするんですよ。(もちろん机上の勉強をサボって居ない前提なのですが)

それぞれ、診断士資格を取る目的が違うので早い遅いは、ないと思うのですがでも明確な差がつく気がします。

 

【モチベーション】

2つ目は、必要になるものです。それは、

モチベーション

です。

仕事に追われて、試験勉強から遠ざかるとどうしてもモチベーションが下がります。

私も一次試験を合格するまでは、モチベーションを保ていましたがどんどん下がっています。

モチベーションが下がる原因は、次の点が考えられます。

・仕事が忙しい

・勉強仲間が合格、諦めていなくなった

・頑張りすぎて燃え尽きた

などです。

私が昔、診断士の方に言われたのは、「ドメイン」がぶれているからと言われた事があります。

確かに目標が定まっていないと、つらい状況になった時に諦めがつきやすくなると思います。

診断士でないといけない理由がありませんから、別の方法でもよくなるんですよね。

 

【目的】

また、ドメインや目的って、資格を習得してからが大事だと思うんですよ。

取得するところまでいってから、「なぜ、取得したんだろう」なんてなったらそれこそもったいないです。

そうなったら、それこそ不幸な気がします。

 

まぁ、資格なんて道具なので小難しいことを考えず、取得してからどう使うか考えても良い気がしますね。

曲がりにも国家資格ですし、持っていて無駄にはならない気がします。

もし、勉強に迷った時は、勉強し始めた時のきっかけを思い出してみるとモチベーションが復活するかもしれないですね。

悔しい気持ちで頑張るのも一つの方法だとは、思いますがそれは、本来の目的に向かってやっている訳ではないので、個人的にはおすすめしないですね。

 

それでは、明日のために。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。