暗号資産(仮想通貨)をほったらかしで複利運用したらどのくらい増えるか計算してみた

こんにちは~。
中小企業診断士のずぅです。

みなさんは、暗号資産(仮想通貨)で資産運用されていますか?
Twitterとかを見ると、年次で○億円儲かったとか、○○○○万円儲かったとか羽振りの良い投稿を見かけますが、誰しもできることではないと思います。
私も、全然FXでは、勝てず正直マイナスです。

なんとか、暗号資産(仮想通貨)では、稼ぎたいと思っているのですが、トレードスキルはまだまだ安定して勝てるレベルにないですし、勝てるようになるためにはまだまだ時間が必要そうです。

そこで、考えたのは、少なくても良いので複利の力で確実に増やせないか。と思いました。
負けなければ、確実に増える。という理屈です。

 

少なくても安定して増やすには

暗号資産(仮想通貨)で資産を増やす(稼ぐ)としたら、レバレッジをかけて暗号資産(仮想通貨)FXで稼ぐか、爆上げする暗号資産(仮想通貨)を安い値段で購入してキャピタルゲインで稼ぐことを思い浮かべると思います。
しかし、どの方法もそれなりに稼ぐためには、「高度なスキル」が必要です。
また、下手すると、マイナスになる可能性があります。

そこで考えたのは、「マイニング(PoS)」です。

マイニング(PoS)であれば、ウォレットに暗号資産(仮想通貨)を入れたら、後はほったらかしで増やすことができるからマイナスになるリスクがありません。

ただし、円に対して暗号資産(仮想通貨)の価格が変化していることには、変わりありませんので価格変動のリスクはあります。

マイニング(PoS)とは?

暗号資産(仮想通貨)は、ブロックチェーンという仕組みを使っていて、情報を記録したブロックを繋げていくことで実現しています。

簡単に説明するとそのブロックを繋ぐための承認作業をすることで暗号資産(仮想通貨)がもらえるものと思ってください。

マイニングにはいくつか種類がありますが、その中でもPoSマイニングは、保有している暗号資産(仮想通貨)の枚数と保有期間で得られる暗号資産(仮想通貨)の枚数が決まります。

基本は、指定されたウォレットに対象の暗号資産(仮想通貨)を保管しておくだけです。
ただし、常にインターネット環境に接続しておく必要があるため、PCは立ち上げておく必要があります。

詳しい仕組みは、難しいので興味がある方は、別のサイトなどで調べてみてください。

 

マイニング(PoS)でどのくらい稼げるの

では、PoSマイニングでどのくらい稼げるのでしょうか。

私がやっている暗号資産(仮想通貨)のPoSマイニングの結果をご紹介したいと思います。

単純計算で複利計算していますが、実際は、ここまで単純に増加はしないと思います。
とはいえ、単利で考えたとしても銀行預金よりは高金利で確実に増やせる方法になりそうです。
なお、PCや通信の電気代などは考慮していません。

XP(エックスピー:ExperiencePoint)で不労所得

草コインでも有名な「XP」です。

保有枚数がある程度あると、現状ほぼ毎日受け取れるため、増えていく楽しみがあります。

XPは、eスポーツとの連携も進めている暗号資産(仮想通貨)なので、今後ますます広がりを見せていくことが予想されるため、値上がりも期待できる仮想通貨ではないでしょうか。

マイニング結果

ずばり、XPを1か月PoSマイニングをやってみた結果は、月利で約2.35%となりました。
年間に換算するとなんと、「28.2%」になります。

マイニング結果の詳細は、こちら

仮にこの利率で1年間、複利運用したとすると次のようになります。

なかなか悪くない数字ではないでしょうか。
少なくとも、銀行預金よりは全然利回りは良いですね。

ただし、草コインらしく1日で2けた%の下落も多々ありますので、一瞬でマイニング分の利益が吹き飛ぶ可能性があるのは注意が必要です。
また、今後も安定してマイニングできるとは限らないのも注意が必要です。

XPが購入できる取引所

XPは、国内の取引所では購入することができませんので海外の取引所を活用することになります。

一番メジャーな取引所は、CoinExchange(コインエクスチェンジ)です。
詳しくは、下のロゴをクリックしてください。

 

SHND(ストロングハンズ:StrongHands)で不労所得

こちらも草コインの「SHND」です。

XPと比べて、SHNDは、1週間に1回程度のマイニング頻度です。
また、枚数は、「500,000SHND」固定となっています。

SHNDは、スポーツ分野との関連性があります。直近では、オリンピック選手などもロゴを付けて参加したりと徐々にではありますが広がりつつあります。
日本より海外の方がスポーツ関連のマーケットは大きいので今後海外で広まり需要が拡大すれば、暗号資産(仮想通貨)としての価格も上がるかもしれません。

マイニング結果

ずばり、SHNDを1か月PoSマイニングをやってみた結果は、月利で約0.82%となりました。
年間に換算するとなんと、「9.86%」になります。

仮にこの利率で1年間、複利運用したとすると次のようになります。

SHNDが購入できる取引所

SHNDも国内の取引所では購入することができませんので海外の取引所を活用することになります。

一番メジャーな取引所は、CoinExchange(コインエクスチェンジ)です。
詳しくは、下のロゴをクリックしてください。

SPRTS(スプラウツ:SPROUTS)で不労所得

現状、それなりに名のしれた草コインの中では、最安の草コインオブ草コインです。

マイニング頻度は、一番遅く1か月で数回しか行われません。

日本では、コミュニティの活動もそこそこ活発に行われています。
しかし、暗号資産(仮想通貨)自体の用途がいまいち不明で、今後の展開が見えないことから、あまり大きな値上がりは見込めないかもしれません。

マイニング結果

ずばり、SPRUTSを1か月PoSマイニングをやってみた結果は、月利で約24.17%となりました。
年間に換算するとなんと、「290.06%」になります。

仮にこの利率で1年間、複利運用したとすると次のようになります。

SPRTSが購入できる取引所

SHNDも国内の取引所では購入することができませんので海外の取引所を活用することになります。

一番メジャーな取引所は、CoinExchange(コインエクスチェンジ)です。
詳しくは、下のロゴをクリックしてください。

 

まとめ

マイニングは、ただ放置するだけで暗号資産を増やせる簡単な方法です。

現状、暗号資産によっては、利回りもそれなりにあり、手堅く増やすには選択肢となると思います。
ただし、暗号資産(仮想通貨)自体の価値の低下のリスクは決して少なくはありません。
また、すぐに売却できない市場リスクもあります。

PoSマイニングは、FXと同様に余剰資金にて行うことがおすすめです。

もし、これらのPoSマイニングができる暗号資産(仮想通貨)を持っているなら、取引所に預けっぱなしにするのではなくウォレットに保管して資産を増やしましょう。

時期は未定ですが、メジャーなアルトコインであるイーサリアム(ETH)もPoSができるようになる話がありますので今から用意しておくのも良いかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。