決意しても実行に移せないマインドをブロックしている原因を壊す方法

あなたは、何をはじめようと決意したものの中々行動に移せなかったり、三日坊主で終わったことはありませんか。
例えば、投資を始めたものの、最初は、チャートの形状などを勉強していたものの、飽きてしまい対してチャートの分析や知識がないまま取引して負けてしまったことはありませんか。
投資で成功している人は、四六時中チャートの分析をしていたり、努力を継続して怠らないことが共通しているように思います。

このように、何かをやろうとして意識した、決意したものの無意識に行動しなかったり、継続できないことをマインドがブロックされている状態といい、この状態を変えていくことを「マインドブロックバスター」といいます。

 

常識だと思うところに罠がある

普段の日常生活では、常に「常識」に従って行動していると思います。
ここでいう常識は、モラルという意味ではありません。そのため、社会のルールを守るというような常識は、守って当たり前です。
例えば、朝起きて、仕事をして、休日は余暇を過ごすという他の人が当たり前のように行っていることを指します。
明日から、仕事を辞めて自分でビジネス(専業トレーダーなど)をやっていくんだ。といえば、常識で考えたらありえないよね。とか言われるような気がしませんか。
しかし、一般大衆が持っている「常識」に従っていると、結果も基本、常識の結果しか得られません。(宝くじが当たるようなことがない限りは変わりません)
そうすると、「どんぐりの背比べ」となり、終わりのないラットレースをすることになります。

身近な(特に親)の存在

親の存在は、子供に対して大きな影響を与えると思います。
子供の頃から、○○をしないといけない。大きくなったら、○○しなくてはいけない。のようなことを言われたことはありませんか。
大衆の常識となるような考え方は、身近な親から教わることは多いでしょう。

そのため、多くの人は気づかないうちに常識を疑うことなく行動に移して行くことになります。

 

常識を間に受けないためには

結論から言うと、「無視する」しかありません。

自分が納得できる内容であれば受け入れてもいいと思いますが、自分の基準に合わないことであれば、受け入れないようにしなくてはいけません。
意味もなく集団で群れていては、いけません。

そのためには、自分の中で何がいいのか、良くないのかを判断する基準が必要になります。
また、自分なりの理想を持って生きること必要になります。

しかし、問題があります。
集団に迎合せずに自分の理想を生きるとなると他人を頼ることはできません。
自らに必要な力をつける必要が出てきます。

 

わがままを通すためには努力する

会社や学校が嫌で辞めるというわがままを通すのであれば、別の方法で稼いだり、勉強する必要があります。
学校の勉強が嫌なら、好きな分野の勉強をするのでも良いと思います。高校生がビジネス書を読んで考え方を学んでもいいでしょう。

社会人になると学生時代に勉強していたこととは、関係ない仕事をしている人の方が多いので私個人的には、自分の中で価値観の軸があるのであれば、勉強する内容は、なんでも良いと思います。
私が今まで知り合った人は、ほぼ例外なく学生時代の勉強内容を活かす必要のない仕事をしていました。数少ない学生時代の勉強を生かしている人といえば、大学の研究者、医者、会計士になった人しか知りません。
正直、学校の経歴などは飾りで、お金を稼ぐという意味では意味のないことが多いのではないでしょうか。
例えば、有名大学の法学部を卒業して、法律とは無縁のITを企業で働いている人もいました。

 

成功するために必要なコツは2つ

  • 常識の呪縛から解き放たれること
  • 嫌なことをやらない代わりに自分が選んだことは、嫌なことをやっている人の10倍やること

常識や大衆に従うと自分が我慢しなければいけないことが出てきます。これは、多かれ少なかれ必ずです。
特に誰かに雇われている状況であれば、必ずあります。

もし、大衆や常識に従うことが自分の中で常識となっていたり、慣れてしまっているとすると社会に洗脳されているといっても過言ではありません。
それらが、心地よいと感じるのであれば、どんぐりの背比べから抜け出す(お金持ちになる)ことは、相当時間がかかることでしょう。

成功するためには、何かしら本人の理想の状態があると思います。
その理想を目指すのであれば、努力が必要となります。
しかし、その努力は、本人からすれば、まったく努力と感じていないです。
確かに、睡眠を削ったり、好きなことを我慢して努力したりときついこともあるかと思うけど、それを上回る何かがあればやれるのです。

例えば、起業した人が辛くても頑張れるのは、搾取されずにダイレクトに自分に返って来る世界だからではないでしょうか。
雇われている状態ほどの中間搾取者もいなければ、ムダも少ない。価格の決定権をはじめ、すべての決定権を持ち、自分で決定し、自分で動かす。
そのようなゲームになっているからこそ、人は責任を受け入れて、結果をまるごと享受できるのです。

 

マインドブロックとは

マインドブロックを一言でいうと、「諦め」です。
自分の理想を妥協して、自己犠牲をして社会に調和することそのものです。
なぜマインドブロックが生まれてしまうかというと、勇気がなく理想のために恐怖を乗り越える覚悟がないために生まれます。精神的、肉体的に限界を超えて壊れないようにするための保身そのものですが、実は、その保身こそが自己を破壊することをもたらしています。
例えば、常識と比較してこれぐらいの収入が必要、社会で適合して生きるためには会社で仕事をしなければいけないなどです。
人は、相対評価で平均より上回っていると安心する傾向がありますが、実はそんなことはなく自分の理想から逆算して考えなければいけません。

理想に近づくためには

理想を達成する方法は、必ずあると思います。
特に先行者がいるものであれば、先行者の水準であれば人が到達した領域であり、やり方を変えれば、たとえそのレベルに達しなくてもそれに近づくことはできるでしょう。
また、そのような先行者は、特別と思い込んでしまうことがありますがそのように思ってしまうと近づくことはできません。同じ人と思わなければなりません。

理想を達成するためには、努力が必要となりますが、それは全て自分のためです。

 

マインドブロックを壊すために

マインドブロックを壊すためには、まず「素直」になることが必要になります。
マインドブロックしている現在の常識を打ち破るためには、自分の中の理想のヒーローを持ち、そのヒーローを素直に目指す必要があります。
しかし、大人になるにつれて、目指したいヒーロー(または、夢)がなくなってしまう人がほとんどではないでしょうか。
もし、目指すヒーローがいないのであれば、まずは、理想となるヒーローを作ることをおすすめします。そうしないと、自分がどこを目指せばよいかわからないからです。

もし、理想が見つからない場合は、常識に従って社会に適合して生きる方がよいかもしれません。
理想とかヒーローを描けないのに中途半端に妄想だけで、努力しないのであれば、常識に従っている人よりもひどい状態になる可能性があります。
なので、理想に近づくための代償は、死ぬほどの努力を差し出す必要があるのです。

理想を持つと次は、社会を「疑う」ことになります。
なぜ、私の給与がこの額なのか。この額では、理想が達成されないことを理解することになります。
なぜ、嫌いな人間と関わる必要があるのか、なぜ嫌いな関係であっても穏便に維持する必要があるのか。この方法は、正しいのか。
これらをやって、長期的な私の資産は、日進月歩で強化されているのか。(自分の財産から所得を産まない限り時間は、生まれない。常に給与を稼ぐ必要がある状態になってしまう)
答えは、そのほとんどがNoではないでしょうか。
つまり、理想と比較したとき今やっていることのほとんどすべてが無意味です。

そのため余暇を使って、短期投資や長期投資をして資産を強化する方法があります。
イメージとしては、給与を払っている企業を利用するようにしましょう。
利用すると書くと悪いように聞こえるかもしれませんが、そもそも企業側は社員を利用しています。
特に働いている企業の株式を持っていないのであれば、すべての利益は、株式を所有している社長等にいってしまいます。
本当にそのような状況でよいのでしょうか。

努力はしても無駄な努力はしない

努力は必要ですが、無意味な努力はすべきではありません。
無意味な努力は、理想と反対に進む道になってしまいます。努力をどれだけ積み重ねても理想に到達することはできないのです。
すべてを疑って、すべてに対してYesと納得できる回答にたどりつかなければ、理想の状態にたどり着くことがないでしょう。
そうすれば、苦労が苦労ではなくなると思います。例え、嫌な会社で働くことであっても苦労と感じることはなくなると思います。

やるなら一流でないと大衆迎合より下になる

マインドブロックのすべては、行動する勇気がないことに尽きると思っています。
常識や現在の固定観念を疑って、それらに逆らうためには、勇気と努力が必要となるのです。
もし、あなたが勇気を持って行動できなければ、いつまでも大衆に迎合し続けることになります。
また、努力がなければ、大衆よりもひどい人生になります。仮に失敗した時は、大衆よりも後続で参入する(要は、新卒採用で働いてきた人よりも遅れて働くことになり、ハンデを負って参入することになる)ことになり、少なからず不利になるからです。

必要になるのは、自分がおかしいと思うことをおかしいとして、素直に行動できる勇気と、それだけの強がりを言うのであるから、徹底した努力になります。
少なくとも、大衆がする努力を超えることができなければ、ただの蛮勇になってしまいます。

実際はそれほど思いつめなくてもよい

人はある程度環境に慣れてしまうと安定している状態を変えることは難しくなりますが、理想に到達するために思っているほど思いつめて考える必要はないかもしれません

とにかく、すべての常識を疑ってみることからはじめてみましょう。
特に今時間を大量に使っていることから疑ってみてはどうでしょうか。
なお、どんな基本的な一般常識であっても疑って問題ありません。例え、日本の法律などのルールでもかまいません。

100%理想は、自分が決めた理想像なので存在はします。
そのために、ヒーローとなる理想を明確に定義して、それに反するものをすべて排除しましょう。
仕事に時間や体力を奪われて理想に向かって努力できないのであれば、離れてもよいと思います。

理想に実現するためには、努力が必要になります。
ただし、自分に努力の結果が100%返ってくる努力は、努力とはいいません。まったく辛くないので楽しいと思えることでしょう。
なぜなら、管理する権利や支配権を人生に対して100%持っており、依存や依拠がないためです。

とにかく当たり前にやっていることを、思うことをすべて疑ってみて、その上でどこまでの勇気を持って、努力を覚悟するかがマインドブロックを壊すこと(マインドブロックバスター)に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。