中小企業診断士一次試験(平成29年)に向けてこの時期にやる4つのこと・・・??

今年から中小企業診断士一次試験に向けて勉強を開始された方、されようとしている方がこの時期にやっておくべきことを紹介します。

これが全てではありませんが絶対に役に立つと思います。

  1. 試験までの計画を立てよう

    試験は、来年8月の1週目の土日になると思います。はっきり言って、長期戦です。
    受験校を利用される場合は、ある程度のスケジュール目処ができると思いますが、個人の得手不得手や学習の進捗度合いでスケジュールは組まれません
    仕事で勉強ができなくなる時期や苦手と思う科目には時間をかけるなど自分なりの進め方が必要になると思いますので、今のうちに大まかなスケジュールを立てておく事をおすすめします。参考までに私が一次試験に合格した時は、来年の1月頃まで財務・会計しかやりませんでした。
    受験校の講義は受けつつもとにかく財務・会計1本です。
    その後、他の科目の復習をゴールデンウィーク頃までとにかく復習です。
    6月のお割くらいからやっと、過去問をやり始めてひたすら、やりこみました。

    大まかなスケジュールがあると学習の進捗を確かめる目安にもなりますので、もし遅れているようなら、適宜組み替えて柔軟に対応する必要があります。
    焦らず、基礎に戻ってやるのが良いです。
    あらかじめ、複数年計画を立てるというのも手なのですが、来年はどの科目が難しくなるか分かりませんし、下手に科目を残すと残った科目だけで合格も厳しい状況になったりしかねないので、私としては、7科目で合格することを目指すのがおすすめです。(もう少し、勉強の仕上がり具合で取捨選択はできますので。)

  2. 補足知識を勉強する

    この時期は、まだ時間的にも余裕があると思います。
    なので、もし余裕があるなら、簿記3級とかITパスポートなど関連しそうな他の資格の勉強をするのも息抜きになって良いと思います。
    とはいえ、今年から始められる方は、なるべくひととおり一次試験の内容を覚えてしまった方が後半楽になると思います。
    一度やっておくと直前に暗記するのも楽なのです。
    また、どうしても覚えられない苦手な科目があると時間を相当取られかねないというリスクもあるのです。

  3. 合格への強い気持ちを形にしておく

    中小企業診断士の試験は、一次、二次とも年一回しかありません。
    なかなか、一年でストレート合格するのは、大変なのですが一次試験で二年目突入するのも結構辛いです。
    なので、「絶対受かる!」という今の気持ちを形にするなりして、後で思い出せるようにしておくのがおすすめです。

  4. 勉強仲間を作る

    場所の関係で通信口座や独学の方は、可能あれば勉強されている仲間をネットでも良いので見つけると良いと思います。
    モチベーションが下がる時期がどうしても出てくると思うのですが一人は本当にキツイです。
    私も一年目は、通信講座でやって精神的に相当きつかった事を覚えています。(その年は、結局惨敗でした)受験校に通学されている方は、絶対に世間話をできる程度に仲間を作った方が良いです。
    本当に精神的に支えになりますよ。(人は、よくよく見極める必要があります・・・)

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。