過去問の解答例・・・・???

最近、夕方になると涼しくなってきましたね。
ということは、試験も着々と近づいてきています。

【回答がない】

二次試験は、みなさんご存知のとおり、解答が協会から提示されないです。
そのため、明確な回答がないことから、各受験校からの模範解答や合格者からの再現答案が重要な教材になっていると思います。
それぞれの内容を見ても、唯一の回答はなく、一次試験の知識を使った回答で設問に答えていれば、多少のブレがあっても得点になっているようです。
私も実際去年受けてみて、各受験校の模範解答に書かれていた論点を記載できた設問が多い事例は、得点が高く、少ない事例は、得点が低い状態でした。

なので、受験校の模範解答には、一定の信頼がおけるものと思います。
しかし、ネックになるのは、各受験校の模範解答は、とてもじゃないけど80分という制限時間の中で作成できる診断書ではないと思います。
私が知っている学校でも教師が練にねって、複数でレビューした上、出しているものなので正直、80分の中で記載するないようとしては、難しいと思います。

ただし、本当に実力がある方が書いたものであれば、匹敵する内容は書けるようです。
(本当かは分かりませんが)某有名受験校の講師の方が、事前に80分で作成した回答をサンプルで見せてもらった事があるのですが、ほぼ受験校として出している内容に引けをとらない内容でした。
試験でしたら、間違いなくA判定が取れるレベルだと思います。

 

【結局は作文スキル】

これらを見ると、やはり、回答に幅があるようなゆるい状態にも関わらず、得点が伸びないのは、何か考え方や作文が間違っているのであって、難しい問題ではないと思います。
もちろん、かなりレベルが高いことだとは思います。回答を見せてもらった講師の方も本業は、独立中小企業診断士として活躍されているので実力は、兼ね備えた方です。
しかし、実際の試験で、そのようなプロの実力は、必要ではないはずです。プロを目指す方の試験ですから。

なので、問われた論点に対して、一次試験で学んだ知識をそのまま素直に使った回答をすれば、点数になるはずです。
そうでないと、一次試験の応用を問う試験ではなくなりますし、対策のしようがない試験になってしまいます。

まだ、1か月あります。
私も、もう一度初心に戻って一次試験で勉強した切り口やセオリーを素直に使った回答を心がけて過去問などに取り組んで行きたいと思います。
試験で良い点を取れば良いので諦めずに頑張りましょう。

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。