後悔しないはじめての仮想通貨の選び方・買い方

仮想通貨をはじめたいけど種類がいっぱいあって何を選べばよいか迷いますよね。
「BTC」とか「XRP」とかアルファベットで表記されているし、取引所や販売所でどんなものか説明もないから全然分からないと思います。

現在、調べることができた仮想通貨だけでも「約3,400」種類もの仮想通貨がありました。

はじめて仮想通貨を購入されるなら、後悔したくないですよね。

でも、もし、仮想通貨を買って損しちゃったら、絶対に後悔します。
特になけなしのおこづかいで買おうものなら、「なんで、この仮想通貨を買っちゃったんだろう・・・」って思うと思います。

でも、預金と違って仮想通貨は、「元本保証」なんてありません。
では、どんな仮想通貨を選べば、後悔しなくて済むんでしょうか??

将来、値上がりする仮想通貨を買う!

これしかありません。

しかし、将来値上がりする仮想通貨なんて正直、誰も分かりません。
株の仕手筋のように巨額の資金を投入して、意図的に価格を吊り上げるようなことをしない限り、値段が上がることを予想するのは無理です。

では、仮想通貨を買う資金も少ない私のような一般人は、どうやって選べばよいか私が気を付けているいくつかのポイントをご紹介します。
※将来の利益を約束するものではありませんので、仮想通貨の購入はご自身の責任で行いましょう。

 

仮想通貨を選ぶ時のコツ

共感できる目的

仮想通貨は、それぞれ何かしらの目的があって発行されていることがほとんどです。
株であれば、どのような事業を行う会社かそれぞれ目的があるのと同じ感覚ですね。

仮想通貨もオフィシャルのWebサイトを開設していることがほとんどなので、Webサイトを見たり、WhitePaper(ホワイトペーパー:白書)が公開されていたりしますのでどのような目的で仮想通貨を発行して資金を集めているのか確認しましょう。

共感できる内容だったり、将来大きな市場を得られそうな事業内容であれば、将来価格が伸びる可能性が高いと思います。
また、仮に価格が伸びなかったとしても、事業内容に共感できれば、そのプロジェクトを応援する意味で購入しても良いかもしれません。
ただし、自己満足ですが。

事業の将来性

事業内容に需要がありそうか見るのも一つの方法です。
株も将来、広く利用されるサービスや商品を提供している会社であれば、規模の拡大が見込めるので価格が上がることが期待できます。
仮想通貨も同じで、将来、実際に世の中で使われる内容(実需があるか)であれば、将来買われる可能性が高いため、何年先か分かりませんが保有していれば買われて価格が上がることが期待できます。

ただし、株も同じですがプロジェクトがとん挫して中止になり、価格がほぼなくなるいわゆる「電子ゴミ」になる可能性もあります。

著名なメンバーだと信用できるか?

仮想通貨によっては、その業界の権威だったり有名な方が参画していることもあります。
このようなプロジェクトでは、少なくとも詐欺(スキャム:Scam)の可能性は、低いと思います。

ただし、個人的には、有名な方であれば、必ず成功するとは思っていません。
社長をしていても、新たな別の事業に手を出して失敗⇒倒産するなんて話はいくらでもあります。

あくまで、参考程度にするのが良いと思います。

 

仮想通貨を買う時のコツ

安くなった時に買う

2017年の年末から2018年の年初にかけて、仮想通貨が話題になり価格が急激に上昇しました。
そのような時は、ニュースなどで羽振りの良い話も聞こえてついつい買いたい気持ちになるかもしれませんが、ちょっと待った方がいいです。

そのような時に買うと高値掴み(一番高い値段で買ってしまうこと)をして、含み損を抱える可能性が高いです。
2017年末にブームに乗って高値で買った人は、資産が何分の一かになっていることでしょう。

個人的には、今のような市場が悲観しているときに買うのが良いと思っています。
なぜなら、安く買えるからです。

急激に価格が上昇したときに周りの過熱感に煽られて勢いで買ってしまう(通称:イナゴ)ことは、避けた方がよいでしょう。
利確されて高値掴みする原因です。

分散して買う

種類を分散する

一つの仮想通貨を集中して買うと当たった時にリターンが大きいですが、失敗した時のリスクもあります。

仮想通貨に限りませんが、いくつかの種類の仮想通貨に分散投資するのが良いと思います。
あまり多くの種類に手を出すと管理も大変なので数種類程度に分散するのが良いでしょう。

しかし、2018年11月現在では、基本仮想通貨は、基軸通貨となっているビットコイン(BTC)の価格に影響を受けることがほとんどです。
ビットコインが上がれば、つられて上がるし、下げれば一緒になって下がることが多いです。
なので、どれを買ってもビットコインの価格によって仮想通貨市場の盛り上がり方が変わるので基本同じような値動きなので分散してもリスクヘッジはあまりできないかもしれないということは覚えておきましょう。

仮想通貨の中には、ビットコインの値動きに影響をあまり受けていないように見える仮想通貨もありますので、そのような仮想通貨などに分散しておくと少しは、安心できるかもしれません。

時期を分散する

一度に購入可能金額を使ってしまうのではなく、ドルコスト平均法(定期的に購入する)で購入することでリスクを減らすことができます。
ただし、価格が上昇している時に買ってしまうと平均取得価格が上がってしまうので、資金の一部を残しておいて、下がったら少しづつ買い増していく方法もあります。

この方法であれば、購入後に仮想通貨の価格が下がってしまっても、さらに安い価格で追加購入できるため、平均取得価格を下げることができるのです。

※画像転載元:http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/hajimeru/katsuyo/dol_cost.html

 

まとめ

仮想通貨は、他の金融商品と比べて値動きが激しいため、レバレッジが効いてなくても思わぬ損失になることがあります。

購入してから後悔しないためにも、価格変動リスクや市場リスクなどを十分に考慮して仮想通貨ホルダーになりましょう。

少しでも仮想通貨を持っていると同じ仮想通貨を持った人と共通の話題ができて楽しいですよ。

仮想通貨を買うための方法は、次の記事を参考にしてください。

仮想通貨を購入するために必要なはじめての取引所・販売所の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。