仮想通貨の価格が大きく変動(下落)している時の取引で気をつけること

ここ数日、仮想通貨の価格が大きく変動(下落)しています。

ビットコイン(BTC)が今までは、一日に1万円も動かない日が日常的であったにもかかわらず、この数日は大きく価格が変動しており、一日に10%以上も価格が変動(下落)している状態です。

仮想通貨を「現物」で購入されている方であれば、大きく価格の変動があったとしても価値がなくなる(ゼロになる)わけではありません。
しかし、証拠金取引、いわゆる「仮想通貨FX」で取引をされている方は、多少なりともレバレッジがかかっており、現物での取引以上の損益が発生することになります。
また、仮想通貨FXでは、必要証拠金額を維持できないと強制的にポジションを決済(ロスカット)されてしまうため、今のような急激な価格変動時は、利益を上げるチャンスもありますがリスク管理をしっかりしないと大きな損失を出す可能性もあります。

そのような、リスクが高い状況である時に仮想通貨を取引する際には、どのような点に注意すればよいかご紹介したいと思います。

 

仮想通貨FXでレバレッジをかけるとは?

仮想通貨FXをしたことがない方のためにレバレッジをかけて取引するとはどういうことなのか説明したいと思います。

【前提条件】
1枚が1円の仮想通貨を買うこととします。
資金は、10,000円あるとします。

現物取引の場合

現物取引とは、仮想通貨を実際に受け渡しする取引です。そのため、資金以上の取引はできません。
現物取引では、仮想通貨の価格変動と損益の変動が同じ比率になります。

10,000円で購入できるのは、10,000円÷1円=10,000枚となります。
10,000枚実際に取引した本人のものです。

仮想通貨の価格が10円になった場合

10,000枚×10円=100,000円となり、90,000円の利益になります。

仮想通貨の価格が0.1円になった場合

10,000枚×0.1円=1,000円となり、9,000円の損失になります。

仮想通貨FXの場合

仮想通貨FXでは、実際に仮想通貨の受け渡しは行わず、差金のみやりとりします。
仮想通貨が実際に受け取れるわけではありません。
また、証拠金(資金)以上の金額が取引できます。この割合がレバレッジです。
仮想通貨FXでは、レバレッジをかけた分だけ損益が変動することになります。

レバレッジ10倍かけるとすると、
10,000円の資金で取引できるのは、最大100,000枚(100,000円分)になります。

仮想通貨の価格が10円になった場合(レバレッジ10倍)

100,000枚×10円=1,000,000円となり、900,000円の利益になります。
現物で同じ資金で取引した場合の10倍の利益です。

仮想通貨の価格が0.1円になった場合(レバレッジ10倍)

100,000枚×0.1円=10,000円となり、90,000円の損失となります。
この時、資金が10,000円しかないため、全額失うことになってしまします。
※ほとんどのFX取引では、全額失うリスクを回避するため、資金がゼロになる前に強制的に決済(ロスカット)される制度があることがほとんどです。
 ただし、大きなレバレッジをかけた状態でロスカットされると、ほとんど資金は残りません。

 

低レバレッジを徹底する

仮想通貨を現物で購入する分には、価格が下落するリスクはありますが、証拠金取引になるとロスカットが発生する可能性があることを説明しました。
ロスカットになってしまうと損失が決定されてしまいレバレッジにもよりますが、多くの損失を出してしまうことになります。

そのため、このような価格変動が大きい(ボラティリティが高い)時は、レバレッジをいつもより抑えることをおすすめします。

ただし、ハイレバレッジが悪いという訳ではありません。
レバレッジをかければ、少ない証拠金で取引できますので資金が少ない人でも大きく稼ぐことが可能です。
要は、許容以上のリスクとなるレバレッジを使わなければよいのです。

今のビットコインをなどの値動きだとレバレッジは、2倍~3倍程度でも十分高い方だと思います。

 

妄想しない

価格の変動が大きい時に限らないのですが、まだ、価格が上がる、下がると安易に信じ込まないことが必要です。

基本は、チャートの値動きについていくことしかできません。

私も、「ここまで下がったから、上がるだろう」と安易に買いポジションをとってしまい、ロスカットされたことがあります。(1回2回ではないくらい経験済み。)
このように、反発しそうなポイントを狙ってトレンドとは逆にポジションを取ることを「逆張り」というのですが、根拠がないまま安易にするのは危険です。

特に価格の変動が大きい時は、保有したポジションと逆に動いたときの幅が大きくなりますので、特に注意が必要です。

利益が絡むと自分の都合の良い方向に考えがちですが、必ず想定と逆に動いた時の対処方法も想定しておく必要があると思っています。
例えば、代表的なもので損切りの設定(逆指値注文)をしておくことです。しかも、エントリー前にしておけば、急激な価格変動があった場合も慌てることなく確実に行うことができます。

 

余裕資金で行う

これも価格の変動が大きい時に限らないのですが、資金は、余裕資金で行うことが必要です。

極端な話かもしれませんが、なくなっても問題ない(何も感じない程度の)お金でやりましょう。
間違っても、生活に必要な資金をリスクにさらしてはいけませんよ。

特に価格変動が大きい時は、利益を出すチャンスもありますが、同時に損失を出すリスクも高いからです。

焦らない

資金が増えている時は、まだいいのですが、負けている時こそ冷静にならないといけません。
間違っても負けた分を一度に取り戻そうとしてはいけません。

冷静な分析・判断なくして相場で勝つことはできません。

安易なトレードは、次のようなトレードです。
後から見るとほんとへたくそなトレードですが、その時はなぜかいける(稼げる)と思ってしまうものです。

【逆張りの失敗例1】

赤枠の陰線で下ヒゲから反発したところでエントリーして見事に下落・・・。

 

【逆張りの失敗例2】

中央の青い矢印でエントリーして見事に下落・・・。

 

 

生き残ることを考える

値動きが大きい時は、損失を出すリスクも高いとお話しました。
なので、ある程度想定と異なる値動きをされてしまい多少の損失を出すことは覚悟の上で取引することになるかと思います。

しかし、先ほどの説明したように一度に取り戻そうとしたりすると全部失ってしまう可能性が高くなります。
レバレッジをかけるのであれば、現物取引以上に稼ぐチャンスがありますのでそのチャンスを失わないように資金の余力を残すことを優先的に考えた方が良いです。

一時の損失を渋ってしまうと思ってもみない損失を抱えることになりかねません。

例えば・・・

ちなみに、かろうじて生きています。が風前の灯です。

 

まとめ

仮想通貨取引で値動きが激しい時は、いつもより安全な運用に心がけて取引しましょう。

間違っても、資金の大半を失って再起不能(退場)にならないようにしましょうね。

仮想通貨の取引もレバレッジをかけた取引も使い方によっては、大きな利益をもたらしてくれるものなので上手く活用して資産を増やしていきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。