中小企業診断士試験に苦戦する理由・・・??

本日、中小企業診断士試験 二次試験(口述試験)がありました。巷では、落とさない試験とのもっぱらの噂でほぼ99%くらいの方が突破されています。

私は、中小企業診断士試験の中で1番実践的な試験と思いました。もちろん、受かる確率が1番高い試験であることは、間違いなくそれは単に質を問われていないだけであって、もし質を問われたら最難関だと思います。

ただし、即興の受け答えの質まで問われたら、本当にレベルが上ってしまい試験のレベルを超えそうな気がします。世の中のコンサルタントと名乗っている人でもそこまでできない人はいるような気がしますね。

さて、流石にそこまでは、求められていないのですけど、実際としては試験に出題される内容以外にも求められるスキルがあると口述試験までやってみて感じたのでまとめてみました。

0f55cb02ebcbfab56d78d0943207fdaa_s

 

試験内容以外にも求められるスキル

継続力・自燃するモチベーション

まずは、自分でモチベーションを維持できるスキルですね。中小企業診断士の勉強は、おそらくどれだけ早い人でも1年以上かかるのが通常だと思います。中には、一次試験勉強を数か月で二次試験もその年に合格されるようなすばらしい方もいらっしゃると思いますが少数派だと思います。

その間にモチベーションが下がってしまったり、そもそも情熱がなくなってしまう事があると思います。人である以上そういう時期があるのはある意味普通だと思います。

しかし、そのままの状態で流されてしまっては、おそらく合格はできないでしょう。私も過去に勉強の途中で別の事に集中してしまい学習を辞めてしまった人を知っています。正直、当然の結果だと思います。

中小企業診断士として生計を立てるならば、そんなモチベーションで通用しないわけである意味、長期間に渡る勉強量は、一定のフィルターのような役割になっていると思います。

また、学習は結局個々でやるものです。自分でモチベーションを維持できない人も結局のところ長くは続かないでしょう。

こういう人は、だいたい一次試験で終わっている事が多い気がします。

 

文章力

二次試験(筆記)は、ある程度作文して分かりやすくまとめる必要があります。もちろん試験としてのテクニックはあるのですが、それらを使おうと結局のところ、読んで分かりやすい文章が書けなければ、問題に気づいてどれだけ良い回答が思い浮かんでも合格はできないと思います。私が見ても何が言いたいのかよくわからない回答が正直ありますが意識がないと思います。

気づきにくい癖で「〜のつもり」になっているパターンがありますが、まさにこのケースに当てはまると思います。でも、どうにかして乗り越えないと合格にたどり着けない気がします。というか、合格後も活躍できない気がします。

 

ロジカル思考

こちらも二次試験関連なのですが、単に言われたことに回答するようなやり方は、いまいち助言の整合性が合わなくなる可能性が高いと思います。得点のブレが大きいのは、これが原因かもしれませんね。

うすーい体裁的な回答になってしまうのも思考のロジックが浅いような事があるかもしれませんね。もちろん、一から考えるというより、試験なのである程度テクニックでカバーできると思います。

 

対策方法

落ちたモチベーションを復活させる

巷にも色々手法が出回っているので詳しく書く必要はないと思いますが、どうしても出来ない人は、試験合格までと割り切って誰かに頼るのが1番良いと思います。受験校の先生だったり、同じ勉強仲間が1番状況を理解してもらえて話が解る相手だと思います。

 

文章力、ロジカル思考

自分では気づきにくいところなので、よほど自分で客観的に見られる人でない限りは、他人に頼るのが1番効果的だと思います。ただし、受験校では、まずここまでは教えてくれないのでこれらが出来ていると思われる勉強仲間かそもそも別の勉強として別対策をすることになると思います。

また、個人的には、受験校の模範解答がすべてではないと思うので、自分の方が正しいと確信があるならば、こだわり過ぎずにある程度スルーすることもハマり防止になるかもしれません。しかし、本当にスルーできるかどうかは本質を掴まないと判断はできないと思います。

 

最後に

中高生の時って、家庭教師とかマンツーマン指導という形態がありましたが、中小企業診断士もそのような形態って需要どうなんでしょうか。個人的に一次試験は、自分でやるしかなく市販の書籍や受験校のテキスト等で対策するしかないとおもうのですが、二次試験向けには多少需要があるような気がします。メンタル的な面での相談?とかはできるのかもしれませんがそこまでやる人はきっと少ないでしょうね。

自分の合格ノウハウも何らかの形で役に立てれば良いシナジーが繋がっていく気がします。もし、こんなサービスあったら嬉しいというものがあったら、コメントお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。