これから始める!FX(外国為替証拠金取引)とは・・・??

みなさんは、投資はされていますか。

世の中に投資の方法はたくさんありますが、その中で

FX(Foreign  exchange、外国為替証拠金取引)という投資があります。

FXと聞くと、難しいとか怖いというイメージがあるかもしれませんが

簡単に言うと外貨を取引してその差額を利益として稼ぐ投資方法になります。

FXを始めてみたいけどよくわからない初心者の方向けに説明したいと思います。

 

FXってなんなの?

FXは、日本語でいうと外国為替証拠金取引といいます。

外国為替とは、辞書で調べると次のような意味となっています。

  1. 通貨を異にする国際間で、債権者と債務者の間の貸借の決済や送金を現金の輸送によらずに電信為替・荷為替手形などを用い、支払い・取り立ての指図によって行う方法。外為 (がいため) 。
  2. 一般に、円とドル、円とユーロなど、異なる通貨を交換すること。外貨を売買すること。

goo辞書より抜粋

要は、日本の円を他の外国の通貨に交換して、値動きを利用して差金を得ようという方法になります。

円以外にも様々な組み合わせの通貨を取引することができます。

 

外貨預金と何がちがう?

外国の通貨に交換すると聞くと「外貨預金」をイメージされるかもしれませんが基本的にはやっていることは同じです。

円高のときに外貨に変えて円安になった時に円に戻せば、為替差益を得ることができます。

外貨預金との違いは、次の点があげられます。

取引金額の全額を受け渡さない

外貨預金は、取引する金額全てを受け渡ししますが、FXでは差額のみ取引します。

例えば、100万円分を外貨預金しようとした場合、銀行に100万円分預ける必要があります。

しかし、FXでは、取引で発生した差額のみやりとりします。100万円分の取引に

100万円なくても取引できる点に違いがあります。

FXが証拠金取引と言われる部分です。

レバレッジが使える

FXは、一定の証拠金をというお金を業者に預けることで取引ができるようになります。

どれだけ取引できるのかというと業者によって異なるのですが、証拠金の一定倍数の金額を取引できます。

例えば、10万円を預けたら、250万円分の取引ができるというイメージです。

株式の信用取引や融資を受けて自己資本以上の資金で会社の運営をするようなイメージに似ています。

利息がつかない

外貨預金は、利息が付きますがFXは、銀行の預金ではないので利息というものがありません。

ただし、取引する2つの通貨間に金利差があるとスワップ金利というものを受け取ったり、払ったりします。

相手の通貨より金利が高い通貨を買った場合、差分の金利分を毎日得ることができます。(支払われる額が保証されているわけではありません)

このスワップ金利を狙った取引もされています。

 

FXってどの位儲かるか?

これから取引を考えている方にとって、気になるのは、FXはどの位儲かるかだと思います。

例えば、USドルを10,000通貨分買った(取引した)ケースで説明したいと思います。

なお、USドルを10,000通貨分ということは、1ドル100円とすると

10,000ドル×100円=1,000,000円となります。

およそ46,000円位を証拠金として預ければUS。ドルを10,000通貨取引できる計算です。

(どれだけ証拠金が必要なのかは業者によって異なります)

 

1ドル100.000円から10銭円安(100.100円)になったら

10,000通貨の場合、レートが0.001円当り10円の差益が発生します。

なので、+10銭(0.1円)だと10円×100=1,000円の利益を得ることができます。

仮に20,000通貨だったら、2倍の2,000円になります。

平常時でも10銭程度は、変動しています。

1ドル100.000円から10銭円高(99.900円)になったら

10,000通貨買っていて、逆に10銭円高になった場合は、為替差損が発生します。

ー10銭(0.1円)だと10円×-100=-1,000円の損が発生します。

仮に20,000通貨だったら、2倍の-2,000円になります。

 

FXのメリット

FXのは、他の投資にはないメリットがあります。

いくつかご紹介したいと思います。

24時間取引できる

日本の株式だと日中の時間帯(基本9:00~15:00)しか取引ができませんが、

FXは、世界中のマーケットがどこかしら開いているため、平日なら24時間取引ができます。

なお、FXも土日はおやすみです。

なので、日中お仕事をされているかたでもリアルタイムに取引ができるのは、メリットではないでしょうか。

少ない金額から始められる

株式だと、単位が決まっているため、まとまったお金が必要になります。

少なくても数十万円位は必要になるかと思います。(そんなにいらない銘柄もありますが)

また、外貨預金であれば、最初に説明したとおり、取引金額の全てが必要になります。

しかし、FXであれば、証拠金分だけで良いので少ない金額でも大きな利益を得るチャンスがあるのです。

業者によりますが数千円で10,000通貨取引することも可能です。(資金に余裕がないとすぐに決済されてしまう可能性はあります。)

 

取引方法

実際の取引はすごく難しい感じがするかもしれませんが基本、対象の通貨を買うのか売るのかを選択し、利益が出たら決済ボタンを押すだけです。
2回ボタンを押せば、利益を確定させることができます。

こう書くとすごく怪しい感じがしますが、本当にこれだけなんです。

例えばこういうボタンです。(左が売るボタン、右が買うボタン)

FXが難しいのは、いつ買うのか、または売るのかが難しいです。

 

まとめ

FXは、専門用語などを聞くと難しい感じがしますが、実際にやること自体は簡単です。

株式と違って、デモ口座で取引もできますのでまずは、自己資金を使わずに取引をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

それでは、明日のために。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。