残り4か月の中小企業診断士二次試験勉強の方法とは・・・??

中小企業診断士試験の二次試験までまだ、あと4か月程度となりました。
今年二次試験を受験される方は、この時期どのような勉強をされていますでしょうか。

 

私は、合格した年にこの時期は、ほとんど何もしてませんでした。仕事に追われて勉強時間がまったくなかったのです。
なので焦る必要はないとお伝えしておきます。
ただし、二次試験だけの場合です。
一次試験を受験されるのであれば、一次試験の追い込みが必要です。
しかし、次の点には、注意する必要があると思っています。

自分の回答作成手順が固まっていない

二次試験の解答作成方法は、パターン化する必要があります。
例えば、最初に与件分を読む、そのあとに設問をよむという感じです。
それが、問題を解くたびにバラバラだとかなりまずい状況だと思った方が良いです。
もちろん、点数が稼げている状態ならば、問題ありませんが中小企業診断士の二次試験は、本当に時間がありません。
なので迷っている暇はないのです。
そのため、回答する手順は、毎回同じにして当日何があってもそのパターンで解く必要があります。
これは、効率化するという意味の他に例外事項をなくしてあわてないようにするという効果があると思っています。
また、毎回同じような手順を踏むことで漏れをなくす効果があると思います。
同じ手順を繰り返すと普段と違ったことをすると違和感を覚えます。
そのため、手順を飛ばしたりすると気づくことができるのです。

 

一次試験の知識を覚えていない

二次試験は、一次試験の応用力を見る試験です。そのため、一次試験を合格しているにも関わらずこの時期になって
一次試験の知識があやふやな状態であるのは、問題です。
二次試験の問題をやる前に一次試験の勉強をし直した方が良いです。
特に事例Ⅳが苦手な人は、応用問題や過去問に手を出す前に基本的な問題を繰り返し練習することをおすすめします。
得点が安定していない人は、一度原因を確認して、一次試験の知識がすぐ出てこないような状態であるならば、
勉強内容を見直しましょう。

 

作文が下手

時間をかけても良いのですが分かりやすい文章がかけない人がいます。
この時期に作文ができないのも致命的です。
なぜなら、一朝一夕に作文スキルは身につかないからです。
これは予想なのですが、採点者が一人当たりにかけられる時間はものすごく少ないと言われています。
一度読んでも意味が分からないような文章しか書けない人は、相当危険な状態と思ってください。
いくら、論点を押さえて求められる回答内容を導き出せたとしても意味が分からない文章では、絶対に得点を取ることはできません。
心当たりが合った方は、すぐに作文の練習を始めることをおすすめします。

では、どのように勉強をすればよいのでしょうか。
それは、とにかく文章を書くことです。
分かりやすい文章を試行錯誤してとにかく量を書くのです。
まずは、模範解答などを利用して書き写すのも一つの手です。(模範解答=わかりやすい文章ではないので一概に手本にはできないのですが)
そして、作成した文章を他の方に見てもらってください。
自分で作成した文章は、どうしてもしっかりできているというバイアスがあります。
そのため、他人に見てもらうことでどこが分かりにくいのかが見えてきます。
正直、他人に自分の文章を見てもらうことは、いやな思いをしますが効果は高いと思います。

 

まとめ

まだ、この時期に受験校等の問題で点数が取れなくても気にすることはありません。
私も合格した年にA判定(60点以上)なんてほぼ取ったことがありませんでした。
しかし、回答の手順や基本となるの一次試験の知識、作文スキルなどは、そろそろ本番の試験で通用するレベルにしておく必要があります。
二次試験で必要なスキルは、習得まで時間がかかるものが多いため、焦ることはありませんが時間をかけて取り組む必要があります。

のこり4か月で合格できるかは、結局のところ日々のコツコツとした取り組みにかかっているのです。

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。