絶好のタイミングでエントリーするために必要なことを考えてみた

トレードを行う上で、「エントリー」の良し悪しによって9割ほど決まってしまいます。
エントリーの重要性について、詳しくは、次の記事で記載していますので、
まだご覧になられてない方は、こちらの記事を読まれてから、続きを読まれてください。

FXトレードではエントリー(ポジションを持つ時)が一番重要!良いエントリーを解説

そのため、エントリータイミングを考える上で、忘れてはいけないことがあります。

絶好球をフルスイングする

相場を常に監視し続けるのは現実的に不可能です。
たとえ専業トレーダーであっても、24時間毎日常に監視し続けることは不可能でしょう。

そのため、自分がチャートを開いた時に絶好のGreat(グレート)なエントリーができるとは限りません。

エントリーは、エントリーして利益が取れるか、損失で終わるかギリギリの時には、エントリーしないのが原則になります。
例えば、野球でいうと外角低めなどボールすれすれの球が投げられた時にはバットを振らないのがセオリーなのと同じです。
しかし、Great(グレート)なエントリータイミング(絶好球)の時にチャートと対峙できるか分からない以上、Great(グレート)なエントリータイミング絶好球)以外すべて例外なくエントリーしないとすれば、エントリータイミングはほとんどなくなってしまいます

そこで、Great(グレート)なエントリータイミング(絶好球)以外でもエントリーするGood(グッド)なエントリータイミング(良好球)の限界を決めておく必要があるのであって、なおかつ、ロットを減らすことで、Good(グッド)なエントリー(良好球)のリスクを軽減する必要があります。
なお、当然、Great(グレート)なエントリータイミング(絶好球)が来たときは、フルスイングでエントリー(打ちに)する必要があります。
ただし、Great(グレート)なエントリータイミング(絶好球)がなんたるかを見誤れば、大きなロットでロスカット(三振空振り)、大きな損失につながることに注意が必要です。

 

時間の経過で分かることがある

エントリーは、「早い方が良い時」と「遅い方が良い時」とがあります。

早い方が良い時

早い方が良い時とは、リスクが低く、リターンが大きく見込める場合です。
例えば、転換点や上昇・下落の初動です。

まさに、Great(グレート)なエントリータイミング(絶好球)です。
絶好球が投げられたら、待ったなしです。
ごく短期間で過ぎ去るため、力強くかつ素早く行動する必要があります。

遅い方が良い時

細い方が良い時とは、この後、どうなっていくのか、複数のシナリオが同レベルの確立で考えられる場合です。。
例えば、レンジで横ばいとなっていて、上昇するか下落するか分からないような場合です。

このような場合は、エントリーせず、時間を経過させて、以降で説明しているポイントから、相場の方向性、状態を正しく把握し、不確実性を低減させることができます。

遅い方が良い時のポイント(相場を進行させる)

次のようなポイントを確認してから、方向性、状態を把握して不確実なリスクを低減させます。

  • 切り上げがあるか(切り下げがあるか)
  • 高値更新があるか(下値更新があるか)
  • 下落調整の程度を確認する(戻り反発の程度を確認する)
  • 大陽線があるか(大陰線があるか)
  • 坊主(髭がない)のローソク足があるか
  • スラスト(ジグザグ上下しない)があるか
  • スラストアップがあるか(スラストダウンがあるか)
  • ランウェイアップがあるか(ランウェイダウンがあるか)
  • 下髭があるか(上髭があるか)
  • チャネルの幅を見る(波動の幅が広いか狭いか)

 

トレンドに逆行する調整があったら大チャンス

トレンド中の押し目(戻り反発)は、エントリーのチャンスです。
例えば、上昇トレンド中に、急落を起こすことがあります。その急落直後は、買いの絶好のチャンスです。

場合によっては、あなたよりも前にエントリーして苦労して持ってきた人達よりも、有利でかつリスクが少なく、時間効率の良いエントリーとなることすらあります。

転換点がほとんど出ない以上、押し目買いをマスターできるかどうかは、ほぼトレーダーとしての選手生命にかかわる問題になるでしょう。

なぜ、上昇トレンドで直ちに乗らないことが多いかというと、押し目であれば、相対的にリスクが下げられ、少なくとも最高値買いにはまることをなくせるからです。

 

仮説ロング、仮説ショートを使う

仮説ロング(ショート)とは、トレンド転換の型が明確に出る前に、最安値買い(最高値売り)をすることです。

この取引の問題は、エントリー自体が、ここが大底(天井)ではないか?との仮説である点です。
ややもすると、妄想におちいってこれを行う人が見られます。

私も、仮説で入って後から冷静に見直すと妄想だったことは多々あります。

しかしながら、仮説ロング、仮説ショートにも利点があります。
それは、ロスカットラインまでの距離が近い点です。
言いかえると、ロスカットラインまでの距離が遠い時には、妄想になりがちです。

したがって、仮説ロング(ショート)のロスカットラインが常に守られ、ロスカットに達するまでは、忍耐をして、もしも、上手くエントリーラインから離れて含み益を生んで成功となった場合には、利益を大きく伸ばし、それを安定的継続的に繰り返せるのであれば、損小利大を作ることは十分に可能です。
もし、ここでロスカットラインが守れないとトレンドが継続することになり、大きな損失につながりかねません。
含み損となった場合、次の仮説ロング(ショート)のポイントが近いのであれば、耐えることも方法ですが、もちろんどこまでなら耐えられるのかはあらかじめ想定した上で行う必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。