相場を見ていてトレードすべきか分からなくなった時に見る記事

トレードをしていると、相場がいったいどちらに行くのか分からない場面に遭遇します。

方向性が見えなくなって、適当にヤマ勘でトレードするのは愚の骨頂です。
それは、投資ではなく単なるギャンブルになってしまいます。

とはいえ、「方向性が分からないのにトレードのしようなないでしょ?」と思われたかと思いますが、その気持ちもよく分かります。
はっきり言って、トレードのしようがありません。

ではどうすればよいかというと、そのような状況では、トレードしなくていいのです。

相場を見ていると方向性が見えない時がくる~

チャートを見ていて、これからどちらに値が動くのか方向性が見えなくなってしまったら、どちらに行くかということを決めずに(予想せずに)、勝った方についていくのが正しい考え方になります。

相場は、売り方と買い方のせめぎ合いが常に行われていますが、どちらが敗軍でどちらが勝軍になるかは、誰にも分かりません。

急騰、暴落予兆、(バイング、セリング)クライマックスのサインが出ても、結果、買いや売りがついてこなければ急騰も暴落も起きません。

結局のところ、相場は需給(買いと売りの量)で決まることは事実です。

しかし、資金余力(解放力)がどれくらいあって、トレーダーのセンチメント(感情)や見通しがどうなっているか、というのを全体で把握することはできません。
また、過去の記事で紹介した再帰性自体が次の展開を作り出しますので、誰かが動き出して、小さな結果が生まれて、それに対して続く投資家がどう評価するか次第になります。

これらを踏まえて、トレードの対応に引き直して考えると、勝った方についていくしかないという考えが生まれます。

 

勝った方についていくために

では、勝った方についていくには、どうしたらいいのでしょうか?

チャートを見ていられる場合と見ていられない場合で対処方法が違います。

チャートを見ていられる場合

チャートを見ていられる時に売買の勝敗が出た時は、その結果に従い裁量でトレードします。

チャートを見ていられない場合

チャートを見ていられない時に売買の勝敗が出てしまう場合は、イフダンを利用します。

イフダンを利用することで、エントリーのための監視という最も重い作業の負荷を大幅に軽減することができます。

イフダンとは

「If Done」注文のことで、新規の注文で使用できる注文方法です。

新規注文を出すと同時に、その新規注文が成立した際に初めて有効になる決済注文をセットで出すことができる注文方法です。

例えば、「1ドル=110円」になったら新規で買い、「1ドル=112円」になったら決済で売るというような場合に有効です。

 

迷宮入りしないために

チャートを見ていて分からなくなる原因の一つに、ニュースやアナリストレポートを見すぎているケースがあります。
これらを見れば見るほど分からなくなります

また、相場の行く末を考えれば考えるほど分からなくなります

なぜなら、上がる理由、下がる理由、共に常にあり、それらは非常に説得的であるからです。
例えば、次の材料(指標)でどちらに動くかを考えてみても、それぞれに理由はたくさんあります。

結局、どちらに進むことがあっても、それを予想しようとする労力、コストがリターンに直結するならばよいですが、たいていの場合は、その労力、コストは、リターンに直結していません

予想するために100時間かけて100万円負けることもあれば、10分すら予想に使わず勝った方についていくだけで100万円勝つことも多いのです。

「私の世界にリスクはない。」と言ったバフェット氏の言葉は重いと思います。

 

本質から考えよう

バフェット氏が短期投資をやらない理由

ここで、バフェット氏が短期投資をやらない理由を考えてみることにします。

彼は、相場は、短期的には、人気投票であり、長期的には、重量評価であると言いました。

つまり、長期的には、質の良いものが必ず評価されるが、評価されるまでの時期は具体的には分からないということ。
だから、評価されるまで待つというのがそのスタイルの根底にあります。そう考えると、質の良いものを時期不定で長期的に待つという前提が立たざるをえません。
一方、短期的には、需給バランス(売りと買いのどちらが多いか)で相場が決まるが、その需給バランスは、読むことができない
それゆえ、読むことができない以上、短期投資をやらないとしている。

ジョージソロス氏いわく的中率は上げられる

ジョージソロス氏は、再帰性を分析することで仮説を立てることはできると言います。
その仮説に対して市場がYESというか、NOというかテストして、短期相場での的中率を上げることはできると考えています。

二人の考えの違いとは

ジョージソロス氏は、短期相場における需給バランスがどうなるかを予測することは、100%無理であるが高い確率に仕上げることは可能であると考えている。

一方、バフェット氏は、少しでも不確実性(つまり、リスク)がある以上は、やるべきでないと考えている。

 

2つの考えを昇華させよう

バフェット氏がいう、不確実性がある以上やるべきではないという考え方にも同意できると思います。
そこで、短期相場における不確実性をなくせる場合とは、どのような場面なのか考えてみたいと思います。

一方、ジョージソロス氏のように短期相場における予測精度を上げることは可能であり、それを市場でテストせよ。という発言をもっと安全な形で具体的な場面に落とし込むと次の2つであることが分かってきました。

  • 1つ目
    再帰性によって、巻き戻しが酷く困難で、かつ、確かなトレンドが形成されたと言える場合
  • 2つ目
    勝った方向についていく場合

※ここでは、ジョージソロス氏のように事前に材料をあてにいくことは、控えるものとします。
なぜなら、経験量と情報量、解釈力において、差があるからです。
その優位性の領域に立ち入るのは、我々が多数の相場を経験してからということになるでしょう。

 

エントリーに対するもう一つの評価尺度

以前の記事でエントリーが9割であるということをご紹介しました。

FXトレードではエントリー(ポジションを持つ時)が一番重要!良いエントリーを解説

この話には、実は続きがあります。

それは、「ロスカット」の話です。

例えば、エントリーが正しいのに、ロスカットを間違えている(近すぎた)ということによって、間違いになることがあるのです
つまり、正しい方向性でエントリーできたのに、調整幅を超えるロスカットラインが設定できていないことによって、ロスカットされ、ポジションが外されてしまう場合です。

これは、良く考えてみるとエントリー自体が間違えていたのではなく、ロスカットが間違えていたためにエントリーまでが間違えていたということになるからです。

つまり、正しいエントリーというのは、ロスカットが近すぎることで間違いとなることがあります

間違ったエントリーの時に、遠すぎないロスカットというのは、防衛の意味です。

ロスカットを加味したエントリーの話は、また別の記事でご紹介します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。