仮想通貨を購入するために必要なはじめての取引所・販売所の選び方

どうも、中小企業診断士なのにメインの活動は、投資に集中しているずぅです。

これから仮想通貨を始めたいと思っている方は、どうやって仮想通貨を買うのか知っていますか?

仮想通貨は、どこかお店に行って、買うわけではありません。
インターネットを介して仮想通貨を売買している「取引所」か「販売所」を使って、行う必要があります。

取引所と販売所の違い

これから仮想通貨を始める方は、「取引所」と「販売所」ってよく似た名前だけど何が違うの?という感じだと思います。

どちらも仮想通貨を買うことができるのですが、買う相手によって違いがあるのです。

  • 販売所
    販売している業者から仮想通貨を買う
  • 取引所
    仮想通貨を売りたい人から、仮想通貨を買う
    取引所は、売りたい人と買いたい人をマッチングさせているだけ

結局、どちらがいいの?という話になりますが、希望の仮想通貨が安く変えればどちらも結果は同じです。

簡単に、メリットとデメリットをまとめてみました。
結論としては、どちらが良い悪いはなくその時の状況などによって使い分けるのが良いと思います。

  メリット デメリット
販売所
  • 買いたいときにすぐに買える
  • 手数料が取引所と比べて高い
  • 手数料(スプレッド)が変動する
取引所
  • 手数料が販売所に比べて安い
  • 自分が買いたい値段(指値)で買うことができる可能性がある
  • 自分が買いたいタイミングでその時に売りたい人からすぐ買うこともできる(成り行き)
  • 希望の金額で買うためには、すぐに買えない可能性がある
  • 成り行きで買う場合は、想定外の値段で買ってしまう可能性がある

 

どの販売所・取引所を使うのがいいの?

販売所も取引所もどちらも一長一短ですし、結局は、購入したい仮想通貨の取扱があるかどうかで決めるのが一番だと思います。

有名なビットコイン(BTC)は、ほぼすべての販売所で扱っていますのでシステムの使いやすさや信用などで決めるのが良いかもしれません。
システムなどの使い勝手は、また別の機会にでもご紹介できたらと思います。

また、一番気になるのは、セキュリティ的に大丈夫か。という点かもしれませんが、正直めったにあるわけではありませんし、どの程度対策をされているかは、利用者にはあまりわかりませんので信用するしかない状況だと思っています。
本当にしっかりとした対策をするのであれば、購入した仮想通貨を別途、ウォレットと言われるお財布のようなものを準備し、そちらに入れることが対策の一つとなるでしょう。

参考までに現在、私が開設している販売所と取引所をご紹介したいと思います。
他にも販売所と取引所はありますので、いろいろ調べてみると面白いと思います。

国内の業者

CoinCheck(コインチェック)

2017年の年末に出川さんのCMで有名になった業者です。

 

ハッキングでネム(XEM)の大量盗難にあってニュースになりましたが、最近対策なども終わり、新規口座開設を再開しました。
また、ハッキングなどがきっかけで、金融庁より業務改善命令も受けましたので、ハッキングなどの盗難への対策は、現在はできていると思います。

取引は、スマホアプリもあり、はじめてでも使いやすいです。
個人的には、入金した金額ちょうどを購入する際、システム側で計算してくれるのでわざわざ自分で端数を計算する必要がないのでらくちんです。

取扱通貨

購入できる通貨は、次の通貨を購入できます。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • リスク(LISK)
  • ファクトム(FCT)
  • エックスアールピー(XRP)発行会社の名前から、リップルとも言われています。
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

他の詳しい内容は、公式ページを参照してください。
こちらから、申込みができます。

Coincheck公式ページ

 

bitFlier(ビットフライヤー)

国内の取引所の中では、「取引量」、「ユーザ数」が1位です。(2017年8月現在)
また、MUFG、三井住友、リクルートなどの大企業が出資しており、資本が安定しています。

セキュリティに関してもコールドウォレットを採用するなど盗難されにくい対策がされています。
万が一盗難が発生した場合も保証サービスがありますので条件のとおり顧客資産が保証されるので安心できますね。

bitFlierもスマホアプリがあり、初心者でも気軽に取引することができます。

取扱通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)

他の詳しい内容は、公式ページを参照してください。
こちらから、申込みができます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

bitFlyer公式ページ

 

BitPoint(ビットポイント)

本田圭佑さんがイメージキャラクターをされています。

セキュリティに関して、株式会社アイ・エス・レーティングの情報セキュリティ格付けにより「A(シングルエー)」の格付けを取得しており、高いセキュリティ対策が行われています。

https://www.bitpoint.co.jp/news/info/info-20181011/

BitPointも他社と同様スマホアプリがありますので初めてでも取引しやすい環境です。

取扱通貨
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • エックスアールピー(XRP)発行会社の名前から、リップルとも言われています。
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

他の詳しい内容は、公式ページを参照してください。
こちらから、申込みができます。

BITPOINTBitPoint公式ページ

 

海外の業者

海外の業者には、日本国内で取り扱っていない仮想通貨を購入することができます。
なお、基本日本円に対応していないため、日本の業者で仮想通貨を購入し送金してから購入することになります。
また、身分証明書を提出することなく利用することが可能です。(身分証明書を提出しない場合は、一日の出金制限などがあります)

Binance(バイナンス)

取引高やユーザ数が世界有数の取引所です。
取扱通貨も多く国内の業者とは比較になりません。
取扱通貨のすべてを紹介できないので次の公式ページより確認してみてください。

セキュリティ面については、今までにハッキングされたという話はありません。
2段階認証を採用しているなど不正利用を防止するセキュリティ対策もされています。

Bainance公式ページ

 

CoinExchange(コインエクスチェンジ)

バイナンスも取扱通貨数は多いのですが、コインエクスチェンジは、マイナー通貨を中心に取扱数が多い業者です。
以前日本でも話題になった「XP(ExperiencePoint)」を購入することができます。
取扱通貨のすべてを紹介できないので次の公式ページより確認してみてください。

セキュリティ面については、今までにハッキングされたという話はありません。
2段階認証を採用しているなど不正利用を防止するセキュリティ対策もされています。

CoinExchange公式ページ

 

SpectroCoin(スペクトロコイン)

スペクトロコインは、取扱数は多くありません。
特徴は、「バンクエラ(BNK)」を購入することができます。
(2018年11月現在、日本でバンクエラは、スペクトロコインでしか買うことができません。)

バンクエラは、将来仮想通貨の銀行サービスを行うことを目指しており、取引所も開設することが予定されています。
また、収益の一部をBNKの保有通貨数に応じてイーサリアム(ETH)で分配されます。

株の配当のような仕組みがあり、毎週受け取ることができます。
ただ保有しているだけで仮想通貨を受け取ることができるのは、大きなメリットですね。

セキュリティ面については、今までにハッキングされたという話はありません。
2段階認証を採用しているなど不正利用を防止するセキュリティ対策もされています。

SpectroCoin公式ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。