勉強のまとめノート・・・??

中小企業診断士 二次試験まであと50日を切りました。

勉強は順調でしょうか。

この時期になっても、ターゲットが上手く絞れず苦戦中です。事例Ⅳもまだまだ練習しないといけないです。

【まとめノートの作成】

さて、今回は、要点などをまとめたノートを作る話をしたいと思います。

事例の分析をして、論点をノートにまとめられている人は多いと思います。

私は、過去問を解いた時に間違えた論点や切り口をノートに書きだしています。それにより、自分が弱い部分が溜まっていくので、次に問題を解くときや、本番の直前に見なおして確認するためです。

なので、あまりノートをいっぱい書く方ではないです。

一次試験は、直前の詰め込みで点数がとれますが、二次試験は、それが分かっていても考え方として定着していないと文章に書けない気がしています。私は、単語が分かっても考え方が自分の中で定着していないと実際に解けないです。

なので基本は、覚えるようにしています。要は、理解するようにしています。(これが中々難しいのですが・・・)

 

【切り口集】

どんな内容を書いているかというと、切り口を書いていることが多いです。

二次試験は、丸暗記しても解けないので、切り口を意識するようにして、多面的な回答になるように心がけています。

あと。事例Ⅳは、苦手なのでこれは、何回も解いてパターンを覚えるようにしています。なので、事例Ⅳも解き方の手順を書いて練習をしていますが、経営分析のパターンくらいです。

 

【クラウドでいつでも閲覧】

作ったノートですが、必要なときに見返せるよう、クライド環境にあげています。

マイクロソフトのONE NOTEです。

クラウドにあげておけば、スマフォからでも確認できますし、デジタル情報なので修正も簡単です。覚えたものは、消していき本当に怪しいもののみ残す様にしています。

そうしておけば、本番直前の見直し用にも使えますので、わざわざ作りなおす必要がなくなります。

本番直前なんて、ほとんど時間がありませんから、せいぜいA4 1枚位の情報しか見返せませんのでこのくらいでちょうど良いと思っています。

 

普段も、切り口と以前間違った論点を意識することで、同じ間違いをしない様に繰り返し問題を解くことで、一つ一つ論点に気づくことができるようになると思うので結局は、繰り返しやるのが近道だと思います。

今回は、私のノートの作り方を紹介しましたが、色々試してみるのが良いかと思います。特に何度か間違えてしまうような場合は、何かしら対策しないと本番でも同じ間違いをする可能性大です。

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。