中小企業診断士一次試験合格に向けた日々の勉強方法とは・・・??

中小企業診断士の一次試験は、勉強にかけた時間と結果がある程度比例すると思います。 ただし、何でもかんでもがんがればいいというものではありません。

一次試験は、覚えるべき分量がおおいので「効率的」にやる必要があります。テキストも1から10まで同じパワー配分でやっていては、漏れたりモチベーションが続かないのではないでしょうか。
そのため、毎日の勉強の仕方(時間の使い方)を上手く使っていく必要があります。

そんな日々の勉強方法を私が実際に行っていた勉強方法を基にまとめてみました。

 

平日の勉強

普段の勉強の流れをご紹介したいと思います。基本、毎日何らかの勉強をしていました。理由は、何かしないと不安だったということもありますが感覚が鈍ってしまうことが一番の理由ですね。

やはり少しづつでもやっていないとスピードが鈍ってしまう気がしました。そのため、一回の量は決めずに少なくてもできる限りやるようにしていました。

朝(出勤前)

朝は、起きて出勤までの時間を活用して勉強していました。そのため、勉強時間を確保するため、毎日1時間程度早く起きていました。朝の時間は、慣れるまではつらいのですが慣れてしまえば意外とできるようになりますよ。

朝に取り組んでいたのは、財務の計算問題です。寝起きに考える問題、例えば「企業経営理論」などは、頭が回らないため私は、合っていないと感じてやらないようにしていました。その代わりに考えなくても反射的に行う科目を中心にやっていました。例えば、「財務・会計」の計算問題です。財務会計は、ある程度計算のパターンは、決まっているので試験本番にどうやって解こうか考えている時間はありません。そのため、朝の頭が回らない時間帯でも反射的に回答できるように繰り返し解きました。

どうしても時間がない日もあると思いますがそれでも1問(5分)だけでもやっていました。それによって、計算速度の向上に繋がったと思います。

 

始業前

状況にもよると思いますが当時会社にデスクがありましたので、30分程度余裕を見て出勤して練習問題をやっていました。教科はこだわらず、一日2回分(2科目)をやることを目標に取り組んでいました。

電車の中で勉強される方もいらっしゃるかと思いますが、やはり机に向かって集中するのと机に向かって集中するのとは、効率が違うと思います。まぁ、激混みの通勤電車では勉強できなかったというのが正しいかもしれません。

 

お昼休み

昼食は、さっさと済ませて朝やっていた練習問題の続きをやっていました。でも、お腹が一杯になってますから、20分と経たずに寝てました。

できるところまでやるという感じです。少しでもやりたい気持ちがあったのでたとえ10分でも問題やテキストと向き合う時間を取るようにしていました。

 

帰宅後

帰宅後は、あまり根を詰めないようにキリの良い所までやっていました。基本的には、その日にやっていた練習問題の残りや、間違ったところの復習に当てていました。

私は、夜の方が集中できていたのでなにか新しいことも基本夜に取り組むようにしていました。

また、受験校の講座を受けていたので授業がある日は、授業に出ることで復習の時間などとして活用していました。

 

休日の勉強

休日は、基本的に一日中勉強していました。しかし、直前の2〜3か月を除き勉強から離れる時間も意図的に取っていた気がします。あえて自分から予定を入れるという訳ではありませんが、たまにお誘いがあれば、遊びに行ったりする感じですね。少し勉強から離れると不安になるのですが、それによって逆に勉強しないといけない気持ちが出てきて集中して取り組めた気がします。

また、まだ数か月あるような状態で一日中缶詰するのは、持たないと自分で分かっていたからです。一番やってはいけないことは、モチベーションがなくなってしまうことだと思っています。なので、燃え尽きてしまいモチベーションがなくなるような事態は、絶対に避けなければと思って勉強をしていました。

効率優先

休日で一日勉強ができるとはいえ、やはり疲れてしまいます。そんな時は、迷わず寝ていました。恩師にも散々言われていたのですが、能率を高めても全く頭に入らない方だったので効率を高めるようにしていました。なので、効率が悪いと感じたら休憩して、勉強をあえて止めていました。そうしないと、やった割に点数が伸びず更に焦って詰め込む、そして更に効率が悪くなってしまいまた焦るという悪循環になってしまうからです。

 

まとめ

中小企業診断士の試験は、どうしても長丁場です。中には、数か月で合格されてしまう方もいらっしゃいますが少数派でしょう。なので、長期間勉強を続けることを優先して取り組む事が必要です。また、絶対に合格するという強い気持ちも維持する必要があります。自分が一番効率的に勉強できる方法やスケジュールを立てて取り組んでいくことで合格を掴み取れると思います。

 

それでは、明日のために。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。