「仮想通貨」を今日から始めるための基本

「仮想通貨」という言葉を聞くと「怪しい」とか「危ない」とか思っているかもしれません。
確かに、取引所がハッキングされ何億円もの仮想通貨が盗まれたとかお金を集めて持ち逃げする仮想通貨のプロジェクトがあったり怪しいものもあります。

「仮想」「通貨」という単語だけ見てしまうと実態がなくてさらに怪しさが倍増しているかもしれません。

一方で、仮想通貨で儲かった。という話を聞いたこともあると思います。
2017年の年末から2018年の年初にかけては、まさに仮想通貨バブルになり、億単位の資産を築いた人も出て話題になったニュースも聞いたことがあるのではないでしょうか。

今、仮想通貨に興味を持たれている方は、きっと仮想通貨でお金(資産)を増やしたいと思われている方がほとんどだと思います。

仮想通貨って何?

仮想通貨は、その文字のとおり「通貨」です。
まだ少ないですが一部の店舗では、実際に、支払に使うことができます。

でも、単に支払に使うだけであれば、日本の法定通貨である「円」で払えば良いと思います。
まだ、仮想通貨は、値動きが安定していなかったり、インフラが整っていないので手数料が高かったりと通貨としては、使いにくい印象です。

私個人的としては、仮想通貨は、投資商品のようなものだと思っています。
あえて言うならば、「株」のイメージが近いです。

株は、発行した会社が資金を集めるために発行した株式を売買して、その差益が利益になります。
仮想通貨も同じで、何かの目的を達成するために必要な資金を仮想通貨を発行することで集めます。
そして、仮想通貨を買った投資家は、仮想通貨を売買して差益を利益として受け取ることができるのです。

ポイント:仮想通貨は元本割れの可能性があるよ

仮想通貨は、株などと同じように元本が保証されているものではありません。
買った時の値段より下がってしまえば、元手が少なくなってしまうことがあります。
なので、せっかく働いて稼いだお金だから、1円たりとも減るのは嫌だ。という人には向かないです。
また、生活に必要なお金までつぎ込むのは、辞めた方がよいと思います。

 

仮想通貨の選び方

仮想通貨と一言でいっても何百という種類があります。
株だと東京証券取引所の一部だけでも2,000社くらいありますから、それよりは少ないかもしれません。

その中から儲かる仮想通貨を選ぶためには、将来世の中で使われる仮想通貨であることが必要になります。
株も世の中で広く使われる事業をしている会社は、株価が上がるのと同じ感じですね。

仮想通貨は、まだ始まってから間もないものがほとんどなので、現在の損益状況から判断するのは難しいため、将来性から選ぶことになります。
将来、世の中にどれだけ広まるかで将来の価値が大きく変わってきます。

ポイント:仮想通貨は将来性で選ぼう

株と同じで将来、買われる可能性がある仮想通貨を購入することでお金を稼ぐことができます。
しかし、会社と同じで一夕一朝で結果がでるわけではありませんので、タイミングがよければ数日から数か月で値上がりすることもありますが、年単位で保有することを前提に購入した方が良いかもしれません。

 

仮想通貨を持っているメリット

仮想通貨が株のようなものといいましたが、他にも似ている点があります。

株は、保有していると配当がもらえるものがあります。
配当とは、会社が儲かったから、出資してくれた投資家に還元してくれるものです。
年に1回または数回、現金を受け取ることができます。

仮想通貨にも少ないですが、利益を分配してくれる通貨があります。
詳しい説明は省略しますが、「バンクエラ(BNK)」という仮想通貨は、保有している枚数に応じて毎週「イーサリアム(ETH)」という仮想通貨をもらうことができます。

他にも仮想通貨には、その仕組みを支えるための計算のお手伝いをしたり、指定のウォレット(仮想通貨を入れておくお財布のようなもの)に入れておくことで、その仮想通貨を受け取ることができます。これをマイニングといいます。
正直、一般の個人レベルでもらえる額は、そんなに多くはありませんがもらえます。

ポイント:仮想通貨も保有するだけで増やせる仕組みがある

仮想通貨を保有するだけで増やすことができます。
ただし、仮想通貨で支払われるので円に換えた時には、為替差損のようなリスクはあります。
イメージは、外貨預金の値動きが激しいものと思えばイメージがしやすいかもしれません。
また、為替と違って、株のようにゼロになる(倒産して紙屑になる)リスクも仮想通貨にはあります。
※昔の株は、紙で発行されていたので、倒産して価値がなくなると紙屑になりました。今は、電子保管なので紙ではありません。

仮想通貨のプロジェクトが中止したりすると誰も買わなくなり、流動性がなくなって売れなくなることもあったりします。

 

仮想通貨を買うために必要なもの

仮想通貨を買うために必要なものは、基本的に、お金(円)と身分証明書です。

仮想通貨は少額から買える

仮想通貨は、株と違って購入する1単位の数が決まっていないので、すごく少額から買うことができます。

有名なビットコインは、現在1ビットコインが73万円くらいしますが、小数の単位でも買うことができます。
また、仮想通貨の中には、1円未満の仮想通貨もありますのでまとまったお金がない方でも購入しやすいと思います。

取引口座の開設には身分証明書が必要

仮想通貨を買うためには、日本の取引所に口座を開設する必要があるのですがその際に身分証明書が必要です。
銀行で口座を作る際にも身分証明書が必要なのと同じですね。

海外の取引所だと身分証明書なしで作れたりしますが、日本円が使えないので基本は、日本の取引所で仮想通貨を購入することになります。
1円未満のやっすい仮想通貨は、海外の取引所でないと取り扱ってなかったりします。

基本取引所で口座を作るのは、無料なのでとりあえず作ってみるのもありです。口座維持手数料などもかかりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。