中小企業診断士に向かないタイプとは・・・??

中小企業診断士は、会社勤めをされている方にも人気の資格となっています。
企業の業務を俯瞰するスキルを勉強(ただし、身に付くわけではない)するには、良い資格だと思います。
戦略、財務、法務、オペレーション、ITなどどのような事業に対しても幅広く勉強することができるので、つぶしが効くといえるかもしれません。
しかし、ただスキルアップをやっていることを見せるために取り組む資格としては、時間もかかりコストパフォーマンスが悪い資格なのです。

しかも、更新要件が実践的であり、本来の中小企業診断士の趣旨に沿った活動をしないのであれば、正直取らない方が良いです。というか、取らないでほしいです。
本来の使命で活動している方の診断士としてのイメージが悪くなる可能性があります。

はっきり言って次のような方は、中小企業診断士を目指さずに、単に必要な分野だけ勉強することをお勧めします。
各分野ごとに専門の資格がありますので、そちらを取得されることをお勧めします。

中小企業診断士を目指すべきではないタイプ

主に中小企業の助言・診断業務をする気がない

現状スキルが足りないから、今は下積みでも将来コンサルタントとしてコンサルティング業務を行っていくことを目指しているならまだしも、単に更新のためのポイントを稼ぐために中小企業診断士がやるべきコンサルティング業務ではない、一般的な事務作業でポイントを稼いでいるような方です。

今は、そのような仕事しか取れないのかもしれませんが、そんな仕事で満足しているようなら、中小企業診断士という資格がなくても派遣で十分できます。営業努力もせずに待ちの姿勢で仕事がなければ、更新しなくても良いと考えているような人もいるようです。

正直、中小企業診断士のレベルが低く見られる原因なので名乗らないでください。
業界にとってマイナスでしかないのではないでしょうか。

実務の経験をしないのに専門家になろうとする

例えば、起業支援を専門にやっていきたいと考えているとして、自身が起業もしたことがないのに支援できるわけがありません。
自分がやったことがないにも関わらず、人に教えられるわけがないのですが、実際に経験しようとしてみない人がいます。どうやって、コンサルティングをするのか分かりませんが、いつまでたっても実務レベルにはならないでしょう。

このような経験と実態が伴わないコンサルタントは、お客さまにも迷惑がかかるのでなるべきではありません。

コミュニケーションベタ

中小企業診断士って、コンサルタントなのでお客さまとコミュニケーションしてなんぼの仕事です。
それなのに人と会話することが苦手な人がなっても仕事になりません。
知識だけあっても実践に役に立てられるとは思いませんので取得しても単に自己満足で終わる可能性が高いです。

更新する気がない

せっかく登録したのに更新する気がない(あきらめた?)人が一定割合います。
実務従事を30日間以上こなすという要件が難しいのはわかりますが、そのくらいクリアできないのに中小企業のコンサルを遂行できるとは思えません。
協会などで実務従事を行えば、お金もかかりますし、結構な出費ですが、そのくらい出せない(出し渋る)ようなら、そもそもなくても問題ない資格ではないでしょうか。

期日を守れない

私の知る限りでも数人いたのですが、試験の申し込みを忘れるという信じられないことをやってのけた人がいます。
はっきりいってやる気がないです。
忘れてしまうようなその程度の熱意なら、勉強しない方が時間もお金も無駄にせずに済みます。

 

まとめ

以上のようなことに思い当たるなら、もう一度なぜ勉強しようと思ったか、取得しようと思ったか考えてみてはいかがでしょうか。昔と違って変化が速い世の中なのでいつまでも同じスキルでは太刀打ちができません。
いつまでもしがみつかずに自分の特性が生かせるスキルを伸ばすことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。