中小企業診断士の一次試験まであと1か月・・・??

中小企業診断士の一次試験までいよいよ1か月ですね。

 

46e30b5c378940dee2567abad26834de_s

私が昨年、奮起して勉強に集中したのがついこの間のように思えます。

ちなみに奮起した効果もあり、一次試験は、無事合格できました。

(二次試験は、今年合格します)

 

【当時の状況】

でもこの時期、合格圏内の成績が残せていませんでした。

中小企業経営政策、経営情報システムが免除できる状態なのに残りの科目がダメでした。毎日勉強していたのに教科によっては、足切りの点数を取っていたくらいなんです。

 

【強い気持ち】

では、なぜそんな状態から合格までもっていけたかというと、諦めずに絶対合格するという気持ちで、残り1か月勉強したからだと思います。

特に最後の1〜2週間の追い込みは、効きました。

あと、一次試験のために、時間を確保したことですね。集中できる環境を準備することは、本当に大事です。

ただし、そのためには、何かを諦めることになるかもしれませんが、本当に合格するためには、必要な経費と割り切ることも大事です。

片手間で合格できる人は、これらの事は全く必要ありませんが少しでも厳しいと感じでいるのであれば、思い切って集中するのも一つの手だと思います。

 

【基礎の復習】

また、その時点で基礎が固められていたというのは前提としてありますが、どうしても分からない事があれば、理解する時間に当てていました。

なぜ間違えたかを確実に潰すことです。

思い切って、勉強を始めた頃の基礎的な部分をもう一回見てみるのも手だと思います。

本当に分かっているか、理解できているのか確認するためです。

万が一基礎が理解できていない場合、どれだけアウトプットをしても無駄になります。

その問題は、解けても少しでも捻られると全く手出しが出来なくなります。

 

【自分を信じる】

あと、周りの人ができていても気にしないことでした。だって、7科目で420点とれれば、合格できますから。

この一次試験は、合格者数が決まっていないので他人が成績が良くても悪くても自分の合否に関係ありません。

他人の出来は、気にせず自分との戦いに集中することで余計なことを考えずに取り組むことができました。

モチベーションを引き出すためにあえて、他人の成績と比べてわざと自分に火をつける方法も時には有効ですよ。

 

そもそも私は、学歴がありませんので、他人と比較しても仕方ありませんでした。

しかし、やれば出来ると終わって分かりました。

さて、私も勉強時間を確保するために仕事がんばります。

 

明日のために・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。