現実的に富を築くためには「資産効果」を味方につける必要があるので考えてみた

この記事を見ていただたあなたは、何かしら資産を増やしたい、富を得たいと思っていると思います。

では、どうしたら資産を着実に増やせるかというと資産効果を味方につける方法があります。
また、間違った考えでは、いつまで経ってもゴールに到達することはできませんから、現実的に考えて行く必要があります。

よく、TwitterやYouTubeで投資系の配信者を見ているとゴールが億かせぐことだとか、ぱっと考えてもあまりにも飛躍している人を多く見かけます。
宝くじを当てるのであれば別ですが、通常大きな目標を達成するためには、やるべきことを細分化して一つ一つこなしていくことが必要です。
プロジェクト形式で仕事をした方だとご存知だと思いますが、「WBS」を作るイメージです。

ただし、いざ資産(お金)を手に入れてもなってはいけないパターンがあります。
まずは、小金持ちの事例から紹介したいと思います。

 

小金持ちの仕事と遊び

プチ成功して小金持ちになった方の話を聞くと仕事と遊びのバランスについて、次の2つのパターンがあることが分かってきました。

小金持ちその1

何らかの方法によってお金を短期集中で稼いでゆとりができたと感じると、油断し、過信し、徐々に怠惰になり、生活水準を上げて、稼いだお金でしばらくのハネムーン期間を過ごす者です。

彼らは、お金がなくなり始めると、また重い腰を上げて稼げば良いと思っているし、実際お金がなくなるとやむなく再稼働を始めます。
しかし、実際将来のための準備や勉強をしていたわけではなく、ハネムーン機関で堕落しきっているため、以前と同じようには稼げなくなっています。

本人のレベルが落ちたというよりも、もっと大きい影響は、社会の心理やマーケットの環境が変化したことです。
しかし、その原因を自分自身に求めないため、手段を問わず稼ぐという方向に進み、ビジネスの質も心もすさんで、劣化していきます。
それでもなお、稼いではハネムーン、稼いでは小さなハネムーン、稼いではもっと小さなハネムーンに固執し、何者にもならず、何も残さず、退化しながら人生を終えていくでしょう。

小金持ちその2

経常的に遊び、経常的に仕事をする者です。

簡単に言うと、中途半端に稼ぎ、中途半端に遊び続けるタイプです。
良く言えば、バランスが取れているということですが、実は、このタイプが小金持ちの典型と言えます。小金持ちでなくてもどの国の国民もほとんどこの類型です。

適度に仕事をやりながら、その仕事で溜まったうっぷんを晴らすために、空けられる限りのオフの時間は、遊びに徹します。
このタイプは、実は仕事も中途半端だし、遊びも中途半端なのです。

ある意味、その1の小金持ちタイプは、徹底的に怠惰になるほど遊ぶこむのに比べて、バランス型は限られた休暇、限られた金銭、限られた情報、人脈の中で遊ぶため、とにかく中途半端な遊びになっています。
一方、中途半端な遊びが入っている分、仕事も中途半端になっていることが多いです。

すると、本業、主たるビジネスでの評価は遠のき、収入は上がらず、結果も良くて平均よりちょっと上となるのです。

 

人間の病

人間が抱えている病は、「誤解」、「妄想」、「過信」です。

例えば、会社で評価されて収入が上がり、見晴らしの良い大きな家に引っ越したとします。
すると99.9%の人間は、まず誤解を始めていきます。
自分の市場価値が上がり、自分はレベルが上ったのだと思うことでしょう。
人間は、客観的に見ることができないのでそれが実力と思ってしまいます。

しかし、会社で評価され収入が上がった事情は、資産効果上、結果ではなく、ただの一過性の減少にすぎません。
よい生活が始まるとこれは永遠に続くし、続けなければならないという妄想が始まります。
高級レストランで食事をし、家族旅行が海外にでもなれば、事あるごとに自分は平均より上だと思いこんでいく。
すると過信が始まり、手を抜き始めます。次の準備を怠り、上がった年収の上に鎮座してあぐらをかき始めてしまいます。

しかしよく考えてみてください。
上がった年収は、ただの事象であり、それが継続する最たる根拠はありません。
一部の職業では、年功序列で一度上がった年収は、よほどのことがないと下がらないかもしれませんが、成果に対して適切に評価した場合、継続する根拠はないはずでうs。

自分が平均よりすごいと思いこみ始めた時、もうその人間は負けています。

 

本当の富とはどんなものか?

最初からあるものや偶然得られたものは、本当の富ではありません。
最初からあるものに依存した人や国の末路は、さんさんたるひどいものです。
例えば、ラウルという小国がありましたが、天然資源が豊富で社会保障が無料など手厚い待遇をしていました。
ほとんどの人が無職で、一部の人が公務員という状況でしたが、最終的に滅びてしまいました。

富とは、人間の知恵と工夫、努力によって新たに作られるものです。
自分の実力以上の幸運(宝くじや○○バブルなど)にあぐらをかくと大変なことになります。
結果、恵まれた人になるぐらいなら、逃げられないような抑圧された状態にある人の方が成功するでしょう。

資金繰りに苦しむ経営者、借金を抱える個人、迫害を受けた民族、ハンディを背負う者、大失敗の経歴を持つ者・・・。
彼らは、マイナスと言えるような状態だったから、あぐらをかくことができなかったのです。
結果、それが創意工夫と努力につながり、今日の成功を掴む上での最大の幸運となっているのです。

 

資産効果を味方につける

「利益の源泉は、時の経過」

幸せな大金持ちになるために最も大切なことは、時間を味方につけるということです。

バフェット氏の投資は、スノーボールを思い出してほしいです。スノーボールとは、名前のとおり、雪玉を転がすとだんだん大きくなっていくことを指しています。


彼が、私が10年雪固めを始めるのが遅かったら、今の私はない。と言ったのです。

これは、時間効果と言い換えることができます。
今日も明日も明後日も日々時間が流れます。この時間が流れるごとに富が増幅し、それに連動して幸せが増幅するのが時間効果です。

簡単に言えば、時は経過すればするほど良い。つまり、歳を取れば取るほど幸せになれます

世の中の考え方とは、真逆なのです。

 

大衆は若さへの執着(時は止まれ)

世の中一般的に、早く時間が経過しろなんて思う人はほとんどいません。
むしろ、人間の誰もがこだわっているのが若さへの執着です。20〜30代の女性は常に焦りを感じているし、40代の男性も若くあり続けたいと皆が思っていることでしょう。時間が止まるなら、そんなに素晴らしいことはないと思っている人もいるのではないでしょうか。

経営者の人も、資金繰りが厳しければ時間が止まってほしいと思うだろうし、儲かっている人は、今の状態が一生続けば良い(つまり、時は止まれ)と無意識的にも考えていることがあります。

つまり、皆が若さや今へのこだわりをもっています。
むしろ、今にしかこだわりがないようです。
しかし、これは典型的な消耗の人生であり、資産効果とは真っ向から対立する考え方です。

いくら、あなたが若さを維持しようとしても老いるし、「時間よ止まれ」と思っても無駄です。
そんなことは、誰でも分かっています。
ならば、時間を味方につけて、年齢を重ねることをパートナーにする生き方をした方が良いとは思いませんか?

資産効果の本当の意味

資産効果とは、時間の経過と共に資産が増える効果であると説明しました。
しかし、その考え方だけでは、不十分です。

資産効果を教授するためには、時間が多く経過する前に、小さなスノーボールを形成しなければならないということです。
つまり、小金持ち達の行動様式とは異なります。
まず、死ぬほど努力して死ぬほど稼ぎ、スノーボールを持つことが決定的で最も重要な課題なのです。
世の中の人は、これができません。しません。
だから、誰もバフェットに永久に近づく可能性は、1%もありません。

資産効果の本当の意味は、

  1. 最初に資産(スノーボール)を作る
  2. そして、時間をおく

ということにあります。
つまり、多くの人が考える「いつかお金持ちになれたら」、という思考では永遠に達成しえないものです。
なぜなら、今資産があるから5年後、10年後に資産効果を教授できるのです。

将来資産運用を始めよう。は、間違いです。
今始めるから、5年後に結果がでるのです。

雪がないのに雪だるまはできない

世の中で投資をしている人であれば、ほとんどの人がバフェット氏を知っているでしょう。
だけど、バフェットには、なれません。

その理由は、いくつもありますが、最大の理由は、そもそも小さなスノーボールさえ作っていないことです。
手のひらサイズの小さな雪の塊すらないのに雪だるまになるわけがありません。

資産効果は素晴らしいものです。
時が経過すればするほど皆さんの資産も幸せも大きくなっていきます。
その世界においては、年齢を重ねることは最大の勲章であり、評価の源泉であり、幸せの根拠となります。

最も大切なことは、しょっぱなから元手を作り、転がし始めるということなのです。

スノーボールを持たない者が5年後に得られる効果は、ただの加齢とジリ貧です。焦りは増し、スノーボールを持つライバルへの嫉妬が芽生えることでしょう。
一方、スノーボールを持つ者が5年後に得られる効果は、富の増大と幸福の増進です。
他者から評価され始めるかもしれませんが、本人はそんなことには関心はないでしょう。きっと、自身と安心とさらなる意欲に満ちていることでしょう。

 

あなたが1年修行しても1年後の世界は同じ

今の世の中は、インターネットが全盛で情報が溢れかえっています。
少し、SNSを覗けば、遊んでいる人の投稿が目に入って来るでしょう。デートをしている人、海外旅行をしている人、楽しそうな食事会をしている人。
それを見て「良いな」、「楽しそうだな」と思うのはかまいません。

だが、ちょっと冷静にこう考えてください。

「私は、修行している身だ。だから、今は我慢して将来いつか私もやりたいことをやる」と。

逆に「良いな、旅行行こう、彼女・彼氏作ろう、車買おう」となったら、負けだと思ってください。
外界から刺激を受けて、それに従ってしまえば、もうそこで終わりです。
スノーボールを持つものは、最初に努力するのが努めなのです。中途半端に取り組み、中途半端に遊んでは、スノーボールは作ることができません。
中途半端にやる者、最初に遊ぶ者とは、真っ向から対立するのが、「資産思考長者」です。
なぜなら、時間の経過と共に成功するためには、時間が経過する前に、雪だるまの元となるスノーボールを作っておく必要があるからです。
0に1億を掛けても0のままですが、1千に1万をかけると1千万になります。

あなたが、周囲を見て羨ましいと思っても全く問題ありません。
なぜなら、1年後にあなたが修行から戻っても、そこには同じような世界は広がっているからです。
1年間遊ばずに1年後に遊んでも、1年間遊び続けて1年後も遊んでいても全く同じ1年後の今日はあります。
だったら、1年間くらい遊ばずに最初にスノーボールを作るべきなのです。
要は、遊びなどいつでもできるし、遊びは、最も短絡的で一切ハードルのない誰にとっても容易な行為なので、そんなことは後でやれば十分です。

 

現実的に考えていくこと

ここまで記事を読んで、スノーボールを作りたいと思った人は、次のことを考えてみてください。

  • 入を増やし、出を減らす。凡事徹底
  • 収入を上げて、固定支出を減らす。
  • 売れるものを売って、買えるものを買わない。
  • 増加した手元流動資金と売却資金をまとめて、スノーボールにする。
  • スノーボールを資産効果、時間効果の元に置く。
  • 時の経過と共に資産を増やしつつ、経験と知恵、技術を向上させる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。